[記事507] 好きで怒っている訳じゃない

メンタルケアと言う
と怒られてばかりで
自信を失ってしまった人のため
・・という印象を受けますが

実は
怒る側にも
つらさはあるものです。

そこで、今日は
怒る側の心のケアについて
お話したいと思います。

奈良県で
オンライン・カウンセリングをする
心理セラピストのADOです。

怒るのが趣味
という人はいませんよね。

誰だって
笑顔で過ごしたいのに
笑顔でいられない。

それは、ざっくり言うと

人のふるまいが
許せなかったり、
納得がいかなかったりするからです。

たとえば、
やるべきことを
ちゃんとやらない人が
注意されることなく
平然と過ごしているのを見た時や

自分は毎日
大変な量の仕事をこなしているのに
普段ラクなことしかしない人が
高く評価されるのを見た時

どうしてこうなるんだ・・と
思うわけです。

腹も立ちますよね。
・・・

そして
この不公平感を
誰かにわかってほしいのに

性格がキツいから、とか
更年期だから、と
片付けられてしまう。

こうなったら
腹立ち紛れに
バーン!と勢いよくドアを閉めるとか

人でなく
物に当たったら
スカッとしそうに思いますが

それは、お勧めできません。

なぜなら
その行動を引き金に
気持ちが攻撃的になり
怒りやストレスを
ますます感じることになるからです。

それに
そんなあなたを見た
周りの人にまで
ストレスは伝染しますから。
・・・

感情に流されそうな
こんな時こそ
ひとつ大きく息を吐いて
一度、冷静になりましょう。

感情を吐き出すのは
ひとりの時に
ノートに向かって

さっさと忘れたいなら
紙に書いた後
ビリビリに破って捨てましょう。
効果絶大です。

スッキリしたら
今度は
一時しのぎにならないように
きちんと対策を考えます。

同じことが起きた時に
イヤな思いを繰り返さないために。

そのために知ってほしいのが
人の心理で

ポジティブよりネガティブな方が
印象に残るって
知っていましたか?

だから
誰かのネガティブな部分を
初めに見てしまうと
その後もずっと
それを引きずるのです。

つまり、
自分からは、
見えていないだけで
本当は
その人にもいい所はあるということ。

無理して
キライを好きにする必要はないけど

だからと言って
自分の見方が
いつも正しいとは限らない

ネガティブに偏っている
可能性もあるから
全否定はしないことです。

完璧な人間はいないのだし、
それはお互い様ですよね。

ゆるく考えるようにしたら
腹も立たなくなると思います。

****
悩みを手放すお手伝いは
↓  ↓  ↓
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    https://www.ado-toyoda.work
****
これとは違う内容のブログは
↓  ↓  ↓
https://ado-therapy.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。