[記事508] 変わらないから安心する

私たちは日々アップデイトしている。
と、言えば聞こえはいいけど

本当は失っているものも、かなりある。

つい何年か前までは、一人一台スマホを持つなんて
想像もできない世の中だった。

それが今では当たり前。

選択的にほしい情報が手に入るようになった。

でも、その代償に失ったものもある。

まず、文字が書けなくなった。

あんなにスラスラ書けていた漢字。

今は読めても、書こうとすると出てこない。

パソコンやスマホには変換機能があるので、
自分は書けると思い込んでいた。

それが、手書きをしようとした途端に
書けないことに気づいてショックを受けるのだ。

つい何年か前までは、当たり前に出来ていたことが
今は出来ない。

出来ることが増えた分、出来ないことも増えていた。

仕方のないことだけど、やはり残念に思う。

早いもので、私がFacebookやブログの投稿をはじめて
2年半が経とうとする。

もうそんなになるんだなぁ、と思うと感慨深い。

その間にやめようと思ったことは一度もなくて、
それは、私の場合、単に習慣化したら
やめ時がわからないからだ。

だから、逆にやめて行く人が多いことに驚くのだ。

中には読むのを習慣にしていた人もいた。

ページを開いたら、その人の記事があって
今日はどんなことを書いているんだろう・・と
楽しみにしていたのに。

ある時を境にプッツリと投稿が途絶え
その後一切見かけなくなる。

そんな人が何人もいた。

余計なお世話かもしれないけど
続けられなかったことを残念に思う。

なにか続けられない事情があったのか、
続けることに意味を感じなくなったのか
こちらは知る由もない。

ただ、読む側も、時間の経過と共に
そんな人がいたことすら忘れていく。

仕方のないことだと思う。

だからなのか、
いつまでも変わらないものを見ると
安心感を覚える。

長く続く番組、決まり文句、定番料理
・・

新しいものや刺激を求める一方で
その場に留まりたい気持ちが強く働く。

特に年齢を重ねると、
普通にしていても老化が進み、退化しているから
現状維持を望むのだろう。

進化を続ける、という考え方もいいけど
私は、今を大切にする、という考え方が好きだ。

明日何が起きるか、誰にもわからないし
明日も大丈夫という保証はないのだから
今の幸せをじっくり味わった方がいい。

そういう毎日がずっと続けば
申し分ない人生になると思う。

****
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
        あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。