[記事243] 自分のダメを笑えたら強い

[自分の価値]

奈良県天理市から発信しています。

自己肯定感をアップする

心理セラピストのADOです。

週末旅行の続きです。

蓼科山の標高は2530m。

この時期からもう雪が降り始めるんですね。

とにかく登る途中が寒くて寒くて

持って行った服を

一枚一枚重ねて着こんで行くのです。

わたしがダルマのようになって

歩いているところへ

すれ違ったのが

半袖、短パン…そして、なんと

裸足の青年!!

凍り付きそうな冷たさの

尖って足を切りそうな岩の上を

靴も履かずに

歩いている青年に出くわしたのです💧

「裸足で痛くないんですか!?」

思わず声をあげると

「このコースは慣れてるから大丈夫なんです」

と余裕の笑顔(^^;

山頂付近は雪が舞ってるし

木の枝には樹氷が貼りついているんですよ⛄

ホントに

この修行僧のような青年の存在は衝撃でした。

マネがしたいわけではないけど

人間って鍛えたら

限界を超えられるものなんですね(^^;💧

たぶんですが

私たちって

ホントはもっとできるのに

自分で勝手に限界を決めて

やらなくしていることも多いんでしょうね。

そんなふうにも感じました。

それにしても

木の枝についた樹氷

本当にキレイでしたよ⭐

寒い冬に咲く

白い花のようでした🌷

ということで

今日のテーマは

「自分のダメを笑えたら強い」

「自己肯定感は大切」

みんなそう言いますよね。

そして「つねに前向きでなければいけない」

そういう人もいます。

もちろん、それもひとつの正解ですが

必ずしもそれが

「強さ」と同義語ではないのです。

「わたしって、ダメなんですよ~」

そう言ってる人の中に

屈託のない笑顔のできる人っていますよね。

そういう人って

実はとっても強い人です⭐

どういうことか

お話する前に

まずは価値のお話から。

「価値」には大きく分けて

ふたつあると思うんです。

============

実用価値と存在価値。

 ============

実用価値とは

実用性が高いことですから

よくできる、とか

能力が高い、とか

生産性がある…

だから価値があるということです。

それに対して

存在価値は

そこに存在するだけで価値がある

という意味。

その最たるものが赤ちゃんですよね💚

生産性や効率とはまったく別の次元で

価値があると考えられています。

人は誰でも

赤ちゃんのときには存在価値を

認められているのに

成長するうちに

実用性や生産性の高いほうが重要

と、教え込まれます。

私たちがなにか買い物をするときも

そこを重要視しますもんね⭐

だから、

人間も能力の高いほうが評価されます。

ですが

そこばかりを重視していると

今度は、回り道や失敗を

おそれるようになるんですね(*_*;

回り道や失敗を避けたいなら

ムダな努力はしないことです(^^;

これは

一見良いことのようにも見えますが

ムダな努力をしないことは

挑戦自体を避けることにも

繋がっていくわけです。

だって、

なにもしなければ

失敗することもありませんから。

でも、当たり前のことですが

なにもしなくなったら

成長はないし

第一

人生そのものが

つまらなくなってしまいます(^^;💧

それに比べると

「わたしってダメだ」と言って

笑っていられる人は

もともとがダメなわけですから

なにかをやって失敗したところで

失うものはありません。

だから、失敗をおそれず

平気で挑戦していけるのです⭐

これは強さです。

そして

挑戦と失敗の数が多いほど

経験値もあがるので

結果的に

生産性も向上していくのです。

こんな考え方ができたら

気楽だし

楽しそうだと思いませんか\(^o^)/

もしも、あなたが

ポジティブシンキングには

ついていけないし

抵抗があるなら

その逆を行ってみてはどうでしょう?

自分はどうせダメだから

効率なんてどうでもいい

失うものはなにもないんだし

好きなことに挑戦してみる

・・・なんて💚

応援していますね^^

★〜★〜★〜★〜★〜★

オンライン

カウンセリングルーム

「わたしを見つける相談室」

↓     ↓     ↓

http://www.ado-toyoda.work

公式LINEアカウント

↓        ↓

https://lin.ee/AaZEHsM

 または

 LINE@ID検索

 @373pwwnu

(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

あど@心理セラピスト (id:ado-therapy) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です