[記事538] 人を裁きたくなるのは

ネット上で誹謗中傷する人

有名人の不祥事を暴露する人

それを見て楽しむ人

・・・ 

そういう人達に
罪悪感はないし

自分のしていることは
正しいと思っています。

ルールを侵す人がいれば
暴かれるべきで
叩かれてしかるべきと考えているのです。

法治国家だから
当然と言えば当然ですが、

それでも、もし、
これが自分の身に起きたら・・と
考えたことはないのでしょうか。 

大丈夫。

私はこれまで
罪なんて犯したことないし

真面目に生きてきたのだから
自分には関係ない

そう答えた人がいましたが
本当にそう言い切れるでしょうか。 

こんなはずじゃなかった・・

という
意図しない過失をする可能性は
誰にだってあります。

それに、そもそも
人は生きている以上
何ひとつ悪いことをせずに
生涯を終えることは
できないのです。

法に触れる程でなかったにせよ

誰かに迷惑をかけたり

人に言えないことを
やってしまった経験は
誰にだってあるはずで
自分の時は大目に見てほしいけど

他人の過失は許せないなんて
そんな都合よくは行かないものです。

人の過失を叩きたくなるのは
もしかすると
今の自分の人生に
ずっと消えない不満を抱えているから
では、ないでしょうか。

私はこれだけ我慢して
真面目に、つまらない毎日を
送っているのに

人に隠れてコソコソと
ズルイことをして
自分だけ得をする人がいるなんて
許せない

それを正義感と言うなら
今、自分の人生を
見直す時が来ていると思います。

一体、なにを
そんなに我慢しているのか
どんな犠牲を払って来たのか

それに目をつぶっていたら
これから先も
ずっと他人に腹を立て
不満だらけの人生を
送ることになるからです。

勿体ないですよね。

大切な人生の時間を
他人のことにばかり使うのは。

自分の不満に目を向けることは
意味がないようでいて

実はとても意味深く
ちゃんと向き合えば
自分の本当の欲求を知り

そこから
自分を満たす方法を考えるようになります。 

そうやって
自分を大切にするようになったら
人を裁くことなんて
どうでも良くなるのです。

奈良県で
オンライン・カウンセリングをする
心理セラピストのADOでした。

自分と向き合うお手伝いは
↓  ↓  ↓
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。