[記事66] レム睡眠と人間の進化

眠りには周期があるとお話ししました。

レム睡眠とノンレム睡眠睡眠。

浅い眠りがレム睡眠で、深い眠りがノンレム睡眠。

そう聞くと、
どうして浅い眠りが必要なんだろう?って
思いますよね。

深い眠りだけの方が
体や脳の疲れが取れていいはずなのに…

霊長類(サル、ゴリラ、チンパンジー…など)と
人間の眠りを比較したところ、、、

霊長類の睡眠時間は、およそ14~15時間で
そのうちのレム睡眠の割合は9%。

それに対して
人間の睡眠時間は、およそ6~7時間で
そのうちのレム睡眠の割合は25%

という結果になりました。

人間が霊長類の中でも
最も進化している理由はここにあるようです。

レム睡眠のとき、
眼球はまぶたの下でキョロキョロと動いています。

筋肉はゆるんで休んでいる状態なのに、

脳波を見ると、
その波形が細かく上下していることから
脳はめまぐるしく働いていることがわかります。

脳内では何が起こっているかというと、、、

今日仕入れた情報や感情と
古くからある情報や感情とを
組み合わせ、使いやすく加工する作業が
行われているのです。

こうすることで、
他者の情動や意図を読み取ったり、
共感する力がアップします。

人間がここまで進化できたのは、

対人関係能力や、環境適応能力を
発達させてきたから。

つまり、
ほかの霊長類よりも長い
レム睡眠があったからこそ、
ここまで進化できたのでしょう。

浅い眠りで
心が活性化され
進化するというお話でした。

   **********

・人の欠点が目につきイライラしてしまう
・やさしい自分でいたいのに怒ってばかり
・そんな自分をどうしていいかわからない

…と悩むあなたの体も一緒に傷ついています

   「わたしを見つける相談室」

では、あなたのお話をじっくり伺い、
あなたの心に寄り添うカウンセリング・セラピーを
行います。

ひとりで悩まないで^^-☆

「自分を変えたい」と願っているあなたの中にも
宝物はたくさん眠っています。

お話しながら、あなたの宝物を一緒に探すお手伝いをしますね。
健康でイキイキとした毎日を手に入れましょう♪

お問い合わせは下記のメールアドレスまで
どうぞ。

brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です