[記事378] 周りからどう見られているのか

[人間関係] [自分の価値]

周りからどう見られているのか
気になりますか?

気になるから
他人に自分のいい面だけを見せようと
頑張ってしまうんですよね。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

人に対して
礼儀正しく優しい態度で接することは
もちろん、いいことです。

自分もそうしてもらえたら
嬉しいですもんね。

だから
心の中で密かに期待するのです。

わたしもいい面だけを見せるから
あなたもいい面だけを見せてね、と。

そして、
こう考える人の多くが
人間関係に疲れを感じています。

他にも
よくあるのが・・

・いいことがあっても
辛いことがあっても
全てを人に話すことに抵抗を感じる。

それを言ったときの
相手の反応が気になるから。

・相手が話すことに
あまり興味もなく、共感できなくても
相槌を打ってしまう。

自分の意見を言うと
相手を怒らせる気がするから。

ただ、
その場はなんとかやり過ごせても
だんだん、それにも疲れてしまい、

そのうち、人に会うこと自体が
億劫になるときがある。

・自分は、これまで
愛された経験が少ないと思っている。

だから
愛情を与えることも
受け取ることも
得意じゃないと自覚している。

・自分は、周りの人と少し違っているので
理解されにくいと思う。

ありのままの感情を表現しても
受け入れられない気がするから
つい自分を抑えてしまう。

・仲良くなれる人とは
仲良くなれても
そうでない人とは
長い時間会話するのが苦痛で
落ち着かない。

つまり、自分には
中間的な人間関係がない。

・状況に合わせた行動をするのが苦手で、
相手の顔色ばかり見てしまい
神経をすり減らすのがイヤだ。

・人と関わったときの自分を
後から反省するのが習慣になっている。

気に入らないときは
いつまでもそのことが頭から離れず
自分自身を苦しめる。

・・・

こんな考え方になってしまうのは
あなたが、
周りのことをよく考える

やさしい心と
傷つきやすいデリケートなハートの
持ち主だからです。

周りの世界を全く気にせず
自分中心に生きている人には

そもそも、
こんな悩みなんてありませんから。

あなたは、
一見気さくで
クールに見えたとしても

その心は繊細で
他人をとても意識していたりします。

それはそれで
十分素敵ですが
もう少しだけ変わってみたい

それで
人間関係をラクにしたいと
お考えなら

そのためのちょっとした工夫を
お話したいと思います。

まず、
今のあなたは
そのままでも十分魅力があることを
知ってください。

そのうえで
もう少しラクに対人関係を
結びたかったら

自分の思っていることを
口に出してみること。

なぜなら
周りの人は
あなたがどういう人なのか
本当はもっと
知りたがっているからです。

あなたが
こんなこと言わない方がいいんじゃないか
と思うようなことでも

意外とそれこそが
コミュニケーションには
大事な要素だったりもします。

相手に不快感を与えたくない
という気持ちが強いのは

過去に
自分が言ったことで
相手の反応が冷たくなった経験があって

そのことが
心の隅に引っかかって
あなたが気持ちを表現するのを
邪魔しているのかもしれません。

もし、そうであれば
自分の感情に蓋をして
出さないようにしている可能性があります。

そんな場合は
感情の蓋を開けてみることが必要です。

ぜひ
自分の中にあるネガティブな感情を
ノートにどんどん
書き出してみてくださいね。

ネガティブと向き合ううちに
過去の理不尽な出来事と
リンクするかもしれません。

そんなときは
その出来事があったときの
辛い自分の気持ちを
しっかりと理解してあげて。

自分の内面の弱さを知って
受け入れることが
対人関係の壁を取り払ってくれる
効果的なやり方だからです。

今日も応援していますね💖

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
     あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です