[記事332] 悩みをつくり出す正体とは?

[メンタルと健康]

ネットワークが繋がらなくなって
一瞬呆然としました・・

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

今はこうして繋がっているから
投稿も出来ているのですが

今朝から何度も
Wi-Fiが途切れて
本当に困っています😢

本当は今朝
セラピスト仲間とズームミーティングを
する予定だったのですが、
Wi-Fiが繋がらず断念💦

月に一度
情報交換をしたり
仕事に関係ないことまで
話しまくって

お互いスッキリできるから
楽しみにしていたのになぁ・・

まぁ、
長い付き合いの間には
こんなこともあるさ(^^;
ズームは来月も出来るから・・と

気を取り直して
復旧に当たろうとしたところ、

プロバイダーの連絡先を
どこにも記録していない!
ことに気づく・・💧

今は請求書も紙で郵送されてこないから
どうやって電話番号を知ればいいの??
・・と途方に暮れていたら

息子が速やかに
プロバイダーの総合案内から
番号を調べて

明日の夕方
端末の状態を見に来てもらえるように
手筈を整えてくれました。

・・なんという安堵感💚

わたしはITオンチで
こういうトラブルの
状況説明もままならないので
こんなとき助けてくれる
\若者の存在は本当に有難い/

もうね、これからは
どんどん頼ってしまおうと
心に決めた母でした(^-^;

ということで

今日は「悩みをつくり出しているもの」
について
お話したいと思います。

今の話ではないですが
悪いことの中にも
いい側面があったりしませんか?

確かに
ガッカリすることや
落ち込むこともあるけど
その後、必ずいいことがあったり

悪い💦 最悪~⤵⤵ 
と、思えたことが
時間が経つうちに
意外とそうでもなかったことに
気づくこともありますよね。

そういう意味で
物事は大きな視野で捉えるのが
正解です。

辛さや苦しさを感じた時
その正体が何なのか
考えたことはありますか?

今日はそんなお話をします。

辛さや苦しさの正体とは
脳内ホルモンだったんですね。

わたしたちが
ストレスを感じているときには
アドレナリン
ノルアドレナリン
コルチゾールといった
脳内ホルモンが出ていて

それによって
辛さを感じます。

言い換えれば
これらの脳内ホルモンから
幸せを感じる
セロトニンドーパミン
エンドルフィンなどに変換できたら
\ハッピーになれるということです/

あ~・・それが出来たら
苦労ないわ
と、言われてしまいそうですけど(笑)

ちょっと待って✋

具体的にどうすればいいのか
簡単な方法をご紹介してみますね。

まずは
意外と思えるかもしれませんが
「悩みの原因を取り除こうとしない」
ことです。

歯が痛ければ
歯医者さんで治療してもらって
その原因を取り除くことができますよね。

でも、
この解決法は
全ての悩みには適応できないのです。

たとえば
凄~くイヤな人が
会社の上司、または同僚の中にいたとします。

その人を取り除くことが出来たら
ストレスは消えるのでしょうけど

まず、
そんなことは現実的にムリだし

仮にいなくなったところで
それに代わる
イヤな人が現れるのが
世の常です(^^;💦

だから、
こんな場合
悩みの原因そのものを
取り除こうと考え行動するのは
ちょっと無謀です。

それより
そのイヤな人の
ちょっとでも
いいところを探したり
ムリにでも
笑える箇所を見つけ出し

こっそり楽しんだりして
気分を切り替えてしまう方が実用的⭐

へぇ~・・と感心したり
面白いやん、この人(笑)

と、笑うことで
脳内の幸せホルモンが働き始めるから
なぜか
イライラが消えてしまうのです。

そしてもう一つ、
視野を広く持つことです。

よく「鳥の目」なんて言いますけど、
高いところから見ると
近くでは見えなかった
全体像がはっきりすることがありますね。

目の前のことにばかり
フォーカスして
大事なことを見落としていませんか?

自分が苦しいな・・と感じた時は

視野が狭いだけで
実は大したことない可能性だって
ありますよね(^^;

ちょっとその場から離れて
冷静になって
見直したら
全然、取り返せるし

\悲観的な状況でもなかった/

なんてことは
よくあることです。

ぜひ、「鳥の目」を意識してみてくださいね💜

***

ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
 http://www.ado-toyoda.work

https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です