[記事330] 考え方で体調は決まる?

[メンタルと健康]


この頃毎日のように夢を見るんです。

今朝方見た夢も
ぼんやりとだけど思い出せます。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

友人とどこかの小学校を訪問していたようで
わたしがお手洗いに行く間
バッグを預かってもらっていたのです。

お手洗いから戻ると
友人の姿はなく

校庭の横のわたり廊下に
バッグの中身が散乱していて
そこから少し離れた場所に
空になったバッグが捨てられていたのです。

わたしは
あわてて中身を拾い集め
バッグの中にしまい
友人を探します。

友人は体育館の中にいて
申し訳なさそうな顔をしていました。
そこで、夢は終わり。

なぜ小学校なのか
脈絡のない夢から覚めても
自分が被害者になったような
なんとも言えない
後味の悪さだけが残りました。

この友人は
たまたま夢に登場しただけで
もともと不信感があったわけでは
ないんですよ(^^;

というのも
夢はランダムに情報同志をつなぐので
物語と登場する人物との間に
関係性はないのです。

ただ
ちょっとこの後味の悪さは
わたしが最近感じていることに
関係しているような気がします。

消化しきれない「不信感のようなもの」が
そこに現れている気がするのです。

人間だもの。

いろいろあるさ💡

そんなことも
こんなことも
人生のスパイスだと思うので(笑)

ということで
今日は「考え方で体調は決まるのか」
というお話をしたいと思います。

よく耳にするのが「更年期」という言葉。
あなたの周りにもいませんか?

更年期なので体調が不安定。

雨が近づくと体調が悪くなる・・
という人。

わたしの周りでも
当たり前にされている会話です。

今日も「同年代だからわかるでしょ?」
と言われたのですが

申し訳ないけど
わたしには
全然わからないんですね・・(^^;

\更年期ってな~に?/

個人によって
感じ方に違いがあるのは当たり前で
痛みを感じやすかったり
カラダからのサインに敏感かどうかは
すべて
脳が決めています。

でも
健康体になるか、そうでないかまで
脳が決めていると言ったら
どうでしょう?

今日はそんなお話をします。

ホメオスタシス」という言葉を
聞いたことはありますか?
「恒常性」という意味なのですが、

つまり
わたしたちのカラダは
常に一定の状態を保とうとする働きがある
ということです。

体温・血圧・心拍など
ちょっとでも異常を感じたら
正常な状態に戻そうとするのが
ホメオスタシス」。

それを促しているのが
脳の「視床下部」という部分です。

筋肉が疲労している時
実際に疲れを感じているのは
筋肉じゃなくて
脳です。

そして
疲れのサインを送ることで
休憩を促すのです。

脳には
ホメオスタシスがあり
元の状態に戻ろうとしますが

この元の状態が
「コンフォートゾーン」=快適さを
感じる場所です。

そして
生活習慣によって
コンフォートゾーンは常に書き換えられ

人によっても違うから
健康の状態も違ってくるのです。

たとえば
太っている人が
たくさん食べて運動しないのが
コンフォートゾーンだった場合

たとえダイエットを始めても
すぐにまた
食べて運動しない生活に
戻ってしまうことがあります。

体調不良に陥りやすい人も
体調不良の状態が
コンフォートゾーンだった場合

健康を気遣っているつもりでも
気がつけば
体調が悪くなっているのは
そのためです。

ということは
脳のコンフォートゾーンを
「理想の生活習慣」
「ピカピカの健康体」に
書き換えてしまえば
現実を変えていくことが可能⭐
となるのですね。

そのためには
声に出して、または文字にして
脳に自分のなりたいコンフォートゾーンを
覚えこませてください✨✨

いったん
脳に覚えこませてしまえば
カラダはそれに従いますので。
ぜひ、お試しを^_-)-☆

***
 ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
 http://www.ado-toyoda.work
https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です