[記事294] イキイキと生きていくためには

[幸福の捉え方]

物欲って
良くないことのように
言われていますよね。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

わたしは
どちらかと言うと
物欲は少ない方だと思いますが

個人的には
多くてもいいと思っています。

友人に
わたしより
うんと物欲のある人がいて

ブランド品だったり
美味しいものだったり
美容だったり
旅行だったり

次々と
手に入れたいものがあって
それを追い求めては
手に入れていく人でした。

欲しいと思ったら
そのことについて
一生懸命調べるために
知識量も多くて

一緒にいると
自然に
こちらの知識量も
増えていきました。

なんといっても
人生を楽しんでいる姿が
自分にないものを
見せられているようで

よい刺激を
もらっていました。

限られた時間を
自分のやりたいことのために
使わないと・・

そんな気づきをくれたのです。

今から思えば
全然自分に必要のない情報まで
教えてくれたりして(笑)

疲れることもありましたが
それでも
一緒にいると
こちらのエネルギーまで
引き上げてもらえていたと
思います(^-^

今は
住んでいる場所が
離れているために
あまりやり取りがないのが
残念ですが・・

ただ
なかには
自分が追い求めていたものが
手に入った瞬間から
失望のはじまる人もいます。

自分が想像していたものと
違っていた

もっと
幸せになるはずだったのに

手にした途端
幸福感がなくなってしまった・・

そうなってしまう人もいるのです。

なぜ
そんなことになってしまうのか?

その理由は
目標が「ゴール」になって
しまっていたからです。

手に入れたいもの
手にしたい状態が
ゴールだった場合
到達した時点で終わりです。

燃え尽き症候群」が
そうですよね。

他にも・・
「結婚」したら
すべてがうまくいく
と思っていたのに

夢と現実のギャップに悩む人

行きたい学校
入りたかった会社に入って
ホッとしたのも束の間

厳しい現実を目の当たりにして
「こんなはずじゃなかった・・」

というのも
よくある話です。

あ、これ全部
わたしも体験したことですから(笑)

そして
体験して気づいたのが

なんのために
その目標を目指すのか

目標達成のあとに
どうなっていたいのか

そんなことを
漠然とでいいから
イメージとして持っていないと

ゴールについた途端
迷子になってしまうんだなぁ(^^;💧

ということです。

目標は
何度変えてもいいし
進路変更は自由です。

ただ、
忘れてはならないのが

\人生は死ぬまで続くということ/

言い換えれば
死ぬのが
本当の意味でのゴールなので

それまでは
何かして
生きていかないと
いけないのです(^^;

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
http://www.ado-toyoda.work

魂が喜ぶ魔法の言葉【第5回】心理セラピスト ADOさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です