[記事162] 相手に好印象を与えるには

奈良県天理市から発信しています。
コアマインド開放
心理セラピストのADOです。

よく降りますね…(*_*;
いつも梅雨入りって曖昧な印象がありませんか?

いつ入ったのか
いつ抜けたのか

それなのに今年は
「梅雨入りします」
と宣言されてから

きちんと雨が降り続いていますね。

恵みの雨だと思いますが
こうも降られると
正直、青空が恋しい…

今日は
雨の止み間をねらって
テニスに行ってきました。

湿度90%の中で
30分も動いたら
それだけで
全身汗びっしょりです。

とにかく不快指数が高い!

でも
本格的な暑さが来る前に
汗をたっぷりかいて
汗腺を開いておくと
熱中症には
なりにくいらしいですよ。

確かに
わたしは
おかげさまで
毎年
熱中症には縁がありません(^_-)-☆

明日からの2日間は
晴れるそうですから
貴重な晴れの日
有効利用したいですね。

さて、今日のテーマは
「相手に好印象を与えるには」です。
ビジネスや交際相手との関係で
好印象を持ってもらうと
その後の関係が
スムーズに進みますよね。

一度信頼されると
余計なトラブルが起きにくいのが
何よりです。

あなたにとって
「この人いいな」とか
「安心できるな」と思えるのは
どんな人ですか?

あるいは
ビジネスにおいて
「また一緒に仕事がしたい」とか
「安心して任せられる」
という人
思い浮かびますか?

そうです。

あなたも
そのように思われたかったら
今、思い浮かんだ
その人のように振舞えば
相手に好印象が与えられる
そういうこと、なんですね。

えっ? ちょっと思い浮かばない?

それなら
今日も事例をあげてレクチャーしますか(笑)(^^)/

「便りがないのは無事な証拠」

という言いまわしがあります。

よく使われるのが
自立して家を出た子どもに対して。

または
単身赴任中の人に対して?

確かに
なにか困ったことが起きた時以外
連絡がこない
という話も聞きますが

この場合
すでに信頼関係が構築できているので
しばらく連絡が飛んでも
自分を避けているんじゃないか、とか
なにか大変な事態に
巻き込まれているんじゃないか、
などという
つまらない心配をする必要がないからです。

ですが、
これが
よく知らない間柄だったら
どうでしょう?

便りがないとなれば
よくない想像をしてしまうものなのです。

なぜか
その人のことをよく知らないうちは
自分の見ていないところで
幸せに暮らしているとは
想像しにくいものなんですね。

たとえば
ちょっとした芸能人などがそうです。
しばらくメディアから姿を消していたら
落ちぶれてしまったと
思いがちでしょ?

事実は
実業家として活動していたとしても、
です。

ということで、
相手に悪い想像をさせないためには
連絡は取りましょう。

ビジネスの場面でも
コマメに連絡は大切です。

連絡を怠っていると
相手は
どんどん悪い方向に
考えていってしまいますから。

結果がうまくついてくれば
まだいいのですが
上手くいかなかった場合
次からは信用してもらえなくなります。

上手くいかなかったときのことも考えて
コマメに連絡を入れて
信用だけは勝ち得ておく

そうすれば
また次のチャンスも巡ってきます。

恋愛の場合も
連絡は大事。

用もないのに
電話やLINEはしにくい
と思っている人

その行為が
相手を遠ざけています。

たまに
高価なプレゼントやディナーに誘って
それで
相手が満足していると思うのは
危険です。

放っておかれると
自分は
大切にされていないと感じ
他に癒しを求めるようになるからです。

相手の心をつなぎ留めておきたいなら
コマメな連絡。

そして
笑顔。

忘れないでくださいね。

****************
◆お知らせ◆
6月15日~6月30日まで期間限定で
先着5名様まで
90分間セッションを無料で行います。
(埋まり次第終了とさせていただきます)

❖お申し込みは、メッセンジャー
 LINE@か、ホームページから
https://lin.ee/AaZEHsM
または
LINE@ID検索
@373pwwnu
(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)

「あなたの体の不調は心のサインかもしれない」
LINEでお友達になってくださった方に
音声とPDFをプレゼント中♪

****************
ADOセラピー「わたしを見つける相談室」の
ホームページへのアクセスは
http://www.ado-toyoda.work
(過去に投稿した記事の一覧があります)
あど@心理セラピスト (id:ado-therapy)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です