[記事558] 人に応じた付き合い方

ショックなこと
悲しい出来事が
立て続けに起こると

気持ちが沈み
何も手につかなくなることがあります。

でも、そんな時に
救いの手を差し伸べてくれる
存在があると

自分は一人じゃない
また頑張ろうと
思えるものなんですね。

振り返ると
私は、そうやって
何度となく
苦しい時を救われてきたのでした。

https://www.ado-toyoda.work

そういう人は
決して恩に着せることなく
淡々としています。

何かお返しがしたいと思っても
そういう時に限って
なかなかご本人に
お会い出来ない場合もあります。

そこで思い出すのが
「情けは人の為ならず」ということわざ。

誰かを助けたら
巡り巡って
それが自分に返ってくる
と、言われるように

直接お返しができない時には
その人に
良い報いがあることを祈り、

自分もまた
他の人に
頂いた親切を返そうと思うのです。

そして、
あなたも、きっと
そうだと思いますが

自分が逆の立場に
なることもありますよね。

誰かの力になるのは
助けられるのと同じぐらい
いい気持ちになれるのです。

ただ、中には
どれだけ親しい間柄であっても

頑なに
自分は自分、人は人と
境界線を張って
助け合うことを拒む人も
いるようです。

親しい間柄なら
無理のない範囲で
助けたいと思うのが

健全な心の状態なので
それをしたくないのは
何か理由があって
心のバランスを
乱している可能性があります。

そうなった理由がわかれば
治すきっかけになるかもしれません。

また
親切にする相手を選ぶことも必要で

言い方は悪いですが
こちらの親切につけ込むような人
頼りたい時だけ
すり寄ってくるような人には
要注意です。

どういうわけか
そんな人に限って

周りの人からの
評判が良かったりするのは

その人が
相手によって接し方を
変えているからですよね。

必ずしも
悪意があるとは限らないけど

あなたの優しさに
つけ込んでいるのは確かなので、

それを理解したうえで
その人と
付き合いたいのか

距離を置きたいのか
考えてみてください。

もちろん、
「情けは人の為ならず」のように
その人にした親切が

巡り巡って
返ってくる場合もありますが、

そういう人から
自分自身の心を守れなかったら

本末転倒なので
相手に応じて
親切を使い分ける賢明さは
あっていいと思います。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。