[記事557] 依存では解決しない

なにか悩み事があったり
困り事があったときに
誰かに話を聞いてほしい
と思ったことありませんか。

人に話を聞いてもらう場合
大抵は
自分の中に
すでに答えはあって

ただ共感されたいとか

話しながら
自分の意思を再確認するとか

そういうことが多いと思うのです。

自分の言葉を聞くうちに
考えがまとまってきて
心の中が整理されるから

私もよく
人に話を聞いてもらいます。

https://www.ado-toyoda.work

ただし、
気をつけないといけないのは

自分でどうしていいかわからないから
答えを人任せにするような
相談の仕方をしていないか
ということです。

困っているから相談するのに
なぜ人任せがいけないのか。

それは
私たちが
人が出した答えに
納得できないことが多いからで

そうなると
今度は相手を変えて相談したり
同じ質問を繰り返したりして

人に頼ることから
抜け出せなくなるからです。

占い依存症がこんな感じで
人の言葉によって
一時的に
ラクになったと感じるけど

根本は解決していないのです。

「こんなことで困っているんです」
「次から次へと
嫌なことばかり起きるので
どうしたらいいかわかりません」
という
相談を受けることがあるのですが、

確かに
つらいことが続くと
なんで自分ばかり・・と
思いたくなるのはわかります。

それで体調まで
悪くなったと聞くと
なんとか力になってあげたいし、

自分を頼ってくれる人を
全力でサポートしたくなるのが
自然です。

ただ、
この考え方には
ちょっとした落とし穴があるので
注意が必要なんですね。

それは
共依存の関係になること。

相談する側は
自分で考えたり行動することを
放棄してしまっているし、

相談される側は
自分を頼ってもらうことで
承認欲求を満たそうとしている。

一見
お互いの利害は一致しているけど

このままでは
相談者の自己解決力は
奪われたままです。

そこで
こんな場合に大切なのが
お互いの距離を保つことなのです。

矛盾しているようですが、
なんでも解決してあげないといけない
という考えは、間違いで

その人の自己解決力を伸ばすことが
求められているのです。

それもそのはず
自分を一番知っているのは
自分だから。

たとえ
迷うことはあっても
時間がかかったとしても

その人が進みたい方向が
見つかるまで応援する
それが大切だと思っています。

 🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。