[記事556] 選択肢で悩まないコツ

あなたは目の前に選択肢があると
迷う方ですか?

それとも
あまり迷わない方ですか?

私は、若い頃
よく迷う方でした。

レストランに入れば
メニューを前に考え込み

せっかく決めても
隣のテーブルに運ばれてきた料理を見て
あれにすればよかった・・と
後悔したり、

服を選ぶ時も
自分に合うものがさっぱりわからない
こんな小さなことですら
迷うのですから

人生を左右する選択肢なら
尚更です。

https://www.ado-toyoda.work

それが
どうしたことか
いつの間にか
ほとんど迷わなくなったのです。

自分に何が起こったのか

考えてみても
これと言った大きな出来事は
思い出せないのですが、

強いて言うなら
社会人になり
子育てを経験するうちに
性格がだんだん図太くなって
決断が早くなっていったのかも
しれません。

以前の自分を振り返って
思うのは

どれを選んだらいいのか
選択に悩むのは

あとから
後悔するのが嫌だったから
なんですね。

特に

自分と違うものを選択した人が
成功しているのを見て
自分の選択は間違いだったかも、と
思いたくないのです。

でも、
おかしな話ですが、

私は、何をもって
成功とか失敗を判断していたのでしょう。

結局は
その人の主観でしかないのに。

そこで、
今日は
選択肢に悩む人のために
ちょっと役立つアドバイスを
したいと思います。

成功や失敗は置いといて

まずは
主観で選んでみましょう。

それから
その選択が正しかったと言える
理由を探すのです。

普通なら
理由を探してから選ぶところを
順序を逆にします。

どうせ答えは
その人次第だから
何を選ぶかは重要ではありません。

それより

「こうしておいてよかった」

と言ってしまえば
それが正解になるのです。

実は
あまり悩まない人というのは
いつも選択が正しいのではなく
自分の選択は正しかったと
言えるだけの
理由を思いつくのが
うまいだけなのです。

それでも、

もし、
どうしても
これは失敗だったと
言いたくなったら、

その時は
いい経験ができたと思いましょう。

失敗したら
その場でおしまいではなく
次に生かすことが出来る
貴重な経験ができたと
切り替えるのです。

失敗を恐れて
何もしないより

次につながる
失敗をした方がいい
どちらに転んでも損はないから
選択することを楽しんでくださいね。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。