[記事553] 自己肯定感はどうしたら上がる?

自己肯定感が高いとか低いとか
最近よく耳にしませんか?

そこで
あなたの自己肯定感は
どうでしょう?

そう聞かれて
すぐに答えられる人は
あまりいないかもしれません。

そもそも
自己肯定感とはどういうものか

理解されないまま
言葉だけが
一人歩きしているように思います。

https://www.ado-toyoda.work

自己肯定感というのは

ひと言で言うと
自分の良い所も悪い所も
全て受け入れることを言います。

と言われても
まだピンと来ないかもしれないので

自己肯定感が低いとどうなるか
見て行きますね。

まず、
人からどう見られているか
気になる

他人の評価に一喜一憂する
人の為に尽くさなければと思い
いつも自分が犠牲になる

または
犠牲を払う立場に追いやられる

  ・・・

イメージできましたか?

または
攻撃性の強く出る人もいて
自分にも他人にも完璧を求め過ぎて
ちょっとしたミスが許せない

自分が優れていることを
認めてもらいたくて
人を批判することで
自分が優位に立とうとする

・・などがあります。

このような攻撃性があると
一見、自信があるように見えますが

実は、これも
自信の無さの表れです。

優れていない自分には
価値がないと思っているから
なんとか周りに
自分の価値を認めさせたいわけです。

裏を返せば
優れていなくても自分には価値がある
そう思える方が
自己肯定感は高いのですね。

赤ちゃんがそうであるように
もともと、私たちは
高い自己肯定感を持って
生まれて来ました。

ところが
残念なことに
成長の過程で
だんだん
失われてしまったようです。

でも、
だからと言って
心配は要りません。

気づいたら
取り返せばいいのだから。

そこで
方法としてお勧めなのが
自分に「いいね」をすること。

私たちは
見知らぬ誰かに対して
「いいね」することはあっても
自分に対してすることは
ありませんよね。

だから
自分に対して
意識的に「いいね」するのです。

なぜなら
自己肯定感が下がる理由は
他人の目を通してしか
自己評価ができなくなるからで

それを自分の視点に戻す
必要があるからです。

人の評価に頼っていると
悪かったり
あなたへの関心そのものが
なくなったりした時に
ますます自信を失います。

そうなるぐらいなら
自分が
他人になったつもりで

客観的に
自分のいいところを見つけては
「いいね」をする。

その方が
自己肯定感も
自然に上がってくるのです。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。