[記事528] 結構引き寄せているかも

私の年齢をご存じの方も
そうでない方もいらっしゃると思うが、
ここで改めて書く必要もないと思うので
結構いいお年頃・・とだけ書いておくことにする。

有難いことに、実年齢より若く見えるらしい。

もちろん、そこにお世辞の意味合いも含まれているのは
承知している(笑)

若く見える理由のひとつに、肌の状態があるらしい。

つまり、乾燥してないことが若さの秘訣なんだとか。

肌のことを褒められるのはとても嬉しいが、
正直恥ずかしさもある。

なぜなら、私には長い間、自分の肌に対するコンプレックスが
あったから。

40代までは、素肌に全く自信が持てなかった。

今も「自信がある」とまでは言えないが
ただ、コンプレックスだったことを忘れる程
ここ十年近く肌に対する意識がなかった。

私は、いつの間にか、ずっと憧れだったトラブルのない肌を
引き寄せていたのだ。

引き寄せとは、面白い。

欲しがっている時には、手に入らず
まあ、いいや・・と思い、
忘れていると、手に入っていたりする。
たぶん、執着がなくなるから、うまく行くのだろう。

私が素肌にコンプレックスがあったことを
思い出させてくれたのは、
たまたま、かなり若いテニス仲間から
肌についての悩みを相談されたからだった。

その人は、ニキビのようなプツプツが
頬から顎にかけて広がっているのを気にしていた。

これからの季節は、ファンデーションで隠しても、
汗で流れて浮き出てくるので、
どうしたら根本的に治せるのか、悩んでいたのだ。

それは、まさに20年前の私の悩みだった。

当時の私は、今よりもっとテニスをしていたので
直射日光に当たりっぱなしだった。

そのため、皮膚は乾燥し常に水分不足になり
それを補うために、過剰な皮脂分泌をしていた。

すると、毛穴がつまって、そこに雑菌が繁殖し
ニキビができるのだった。

一度、通った道なので、どう解決したらいいのかは
よくわかる。

こんな時は、体の内と外、両方から水分補給が必要だ。

水をたくさん飲んで、皮膚にもたっぷり水を与える。

皮膚に与える水とは、低刺激の化粧水のことで
汗が蒸発して、皮膚が渇いたと思ったら、
メイクの上からでも、化粧水をつける。

皮膚のほてりが収まって、ひんやりするまで
化粧水をつけることを習慣にすると
自然に肌は潤ってくる。

皮膚の水分量が増えると、過剰な皮脂分泌も収まり
ニキビはできなくなるのだ。

乾燥による大人のニキビには、
この方法がピッタリだと思う。

というか、まさか
私が美容に関するレクチャーをするなんて
夢にも思わなかった。

それぐらい、私にとって苦手分野と思っていたので
自分でも驚きだ。

人生とは、先がわからないから面白い。

これから先も、願ったことが実現して、何年か先に
まさか、こんなことが起きているなんて・・と
言えるように。

どれが叶うか、今から楽しみにしながら
いろいろ願い事を考えることにする。

****
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
        あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。