[記事522] 自己啓発

Facebookに表示される記事は
私用にカスタマイズされているので
心理系や自己啓発系、美しい景色の写真などがメインだ。

いつも楽しく、読ませてもらっている。

そんな記事から刺激を受けることも多く
わたし自身、このままでいいのかな
成長が止まってないかな・・と
思うこともある。

そんなとき、たまたまFacebook
「起業家向け 今だけ無料セミナー」という広告が
目に留まった。

もしかすると、ここで自分に足りない何かが
補えるかもしれない。

そんな期待感から、とりあえず申し込みをする。

無料だし、話を聞いて自分に合わないと思ったら
入塾は断ればいいし、
興味が湧いたり、これは自分に必要と感じた時には
申し込めばいい。

あらかじめ、そう決めて当日の朝を迎えた。

実は、起業塾はこれが初めてではない。

心理セラピストになると決めた時に
通信で勉強して資格を取り、その後
起業のノウハウを教えてもらうために
半年間、塾にも在籍していたことがある。

不思議なもので、人から教わると
その時に限らず、いつも、どこかに物足りなさを感じる。

これこそが、私に必要で、求めていたものだ・・なんて
感じたことが、過去に一度でもあったろうか、と
自問してみるが、思い出せない。

結局、受け身で得られるものには限界がある。

実践によって初めて、自分のものになるからだろう。

今回の塾の実践に対するサポート体制がどういうものなのか
正直そこにも興味があった。

さて、セミナーの内容は、魅力的だった。

私がこれまで知らなかったノウハウを持っていて
しかも、サポート体制も充実しているようだ。

なんといっても、私たちのような小規模起業家に向けた
集客の仕方がうまい。
さすがにプロだな、と感心しながら話を聞いた。

話を聞いて、自分の改善点がわかった上で
入塾するのか、保留にするのか、断るのか
決断する時が来た。

確かに私には改善すべきポイントがある。

そのための実践を三日坊主で終わらないように
サポートしてくれる仕組みが、ここにはある。

やはり、ここは自己投資して
もう一度。学びと実践を繰り返すべきか・・

考えているうちに
私の意志を問われる順番が回ってきた。

そこで、私が言った言葉は、
「ありがとうございました。今回は見合わせます」
だった。

なぜか、自然に口をついて出たが
正直なところ、どうして断ったのか
その理由が自分でもよくわからなかった。

でも、時間が経つうちに
やっぱり、これでよかったと
納得する自分がいた。

結局、私はなにがしたかったのか。

マンネリはいけない。

なにか新しい改革を取り入れよう。

そこまでは考えていたけど、
その先の考えや覚悟まではなかったのだ、きっと。

起業家としての成功を実現するために、
生活パターンをすっかり変え
自分の課題に打ち込む・・ということが
私のやりたいことではなかった。

私は、今この状態に満足していて
それをもっと感じながら
プラスアルファの何かを手に入れたかった

そんな考えが根底にあるから
起業家としてもう一歩踏み込む選択を
しなかった。

正しい選択だと思う。

今回、起業塾セミナーに参加することで
思いがけず
自分が本当に望んでいること気づくことができた。

人は経験を通して自分を内観する
そんな出来事だった。

****
無料体験オンライン・カウンセリング
お申し込みはこちら
↓  ↓  ↓
ttps://ssl.form-mailer.jp/fms/2df14190707789

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。