[記事516] 人間関係のかじ取り

いい人間関係とは、一緒にいて
心が波立たず、穏やかにいられることだと思う。

あなたは、誰かに振り回されて悩んだ経験はないだろうか。

誰かれ構わずではないけれど、ある特定の関係において
相手を振り回す人がいる。

この人なら、わがままを聞いてもらえると思うから
だんだんエスカレートするのだ。

ずっと受け入れていると、
本人に悪気がないとわかっていても、
その人が悪く思えてくることがある。

甘える方が悪いのか、許す方が悪いのか
いずれにせよ、悪者にするぐらいなら、
きちんと断った方がいいと私は思う。

相手との関係は、自分の舵取り次第なのだと
過去にそう感じる出来事があった。

今思えば、自分にも打算があったのだ。

その人のことが好きだから
良く思われたかったし、見返りがほしくて
甘えを許していた。

でも、キャパの小さい私には、
見返りもなく尽くすことが
だんだん負担になっていった。

向こうには向こうの事情があると理解していても
不満が消えることはなかった。

そして、ついに堪えきれなくなり、
あの時はああだった、こうだったと、
過去の出来事まで引っ張り出して
相手を強く非難した。

それまでの努力は、一瞬にして泡と消えた。

そんなことがあったので、
私は自分を犠牲にしてまで
「いい人」でいることをやめた。

要求を聞きたくない時には、
その気持ちを最優先すると決めたのだ。

もちろん、心が揺らぐことはあった。

いつものように甘えられると
なかなかNOが言いづらい。

断ると、相手を困らせるような気持ちになるからだ。

でも、それでは、これまでと何も変わらない。

だから、ここは
相手のペースに乗らないと言い聞かせて、
なんとか断ってみた。

すると、拍子抜けするほど
相手はあっさりNOを受け入れてくれた。

私の取り越し苦労だった。

いや、本当はガッカリしていたと思う。

でも、それを先回りして気にするから
うまく行かなくなったのだ。

相手の機嫌を取ろうとすると
自分が振り回される。

自分がしてあげたい時は
喜んで相手にしてあげる。

ただ、
無理をしない。
いい恰好しない。
断る時は断る。

それが、人間関係の舵取りに必要なのだと思った。

****
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。