[記事515] 自己暗示にかける

うまく行かないことが
続けて起きると
凹みますよね。

そうすると
なぜかまた失敗して
自分なんてダメだ・・と
ますます
自信を失くすのです。

奈良県で
オンライン・カウンセリングをする
心理セラピストのADOです。

うまく行かないことは
誰にだってあるし

失敗が続くのも
長い人生には付きものです。

たまたま
今がそういう時期なだけで
そのうち抜け出せるから
大丈夫!

でも、
そうは言っても
悶々とするのもよくわかります。

スランプにいる時の脳は
ネガティブな言葉・考えに
支配されていて
なかなか
明るい気分にはなれない。

だから
ここ一番を迎えても

「どうせまた失敗する」
と、
悪魔の囁きが聞こえてくるのです。

脳内がネガティブになると
末端の神経にも影響するので
咄嗟に言葉が出なかったり
うまく動けなかったりして
パフォーマンスも落ちるわけです。
・・・

つまり
失敗グセから抜け出すには
脳内を
ポジティブに変える必要がある。

それには
意識的に
陽気な言葉を使うことです。

仮に
本心が陰気でも
陽気な言葉で話せば
それを聞いた脳が
陽気に洗脳されていくからです。

脳はネガティブな言葉に傷つき
ポジティブな言葉に勇気づけられる
言葉だけでなく
行動や仕草でも
同じ効果が得られます。

たとえば
私がよくやる手ですが
握りこぶしを作って
小さくガッツポーズをすると
なんだか自分が出来る人になったと
錯覚するのです(笑)

錯覚している自分が
可笑しくなって
さらに
笑いがこみ上げるから
ますます楽しくなる。

すると
なぜか失敗は減るし
失敗しても
引きずらなくなります。

ただ、
脳を騙しているだけなのに
効果は充分にあるので
ぜひ、お試しを。

それでも
抵抗感が抜けない場合は
一度、
不安と向き合ってみるといいですね。

きっと
不安が重なり合って
前に進めない状態だと思うので。

そんな時は
人に話を聞いてもらうのが一番ですが
無理な場合には
ひとりでも
思いを書き出すだけで
かなりスッキリ出来ます。

大事なのは
不安を可視化することだから
不安に思うことを
どんどん書き出して

何が不安なのか
把握した上で
受け入れてください。

不安な感情は
受け入れられると
安心に変わり
そこから元気になれます。

こちらも、ぜひ
やってみてくださいね。

****
ブログはこちら
↓  ↓  ↓
https://ado-therapy.hatenablog.com
****
お悩み解決のお手伝いは
↓  ↓  ↓
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    https://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。