[記事504] 周りと同じでないといけないの?

「同調圧力」って聞いたことありますか?

周囲から圧力がかかって
自分の気持ちとは裏腹に
同調してしまうこと。

職場に限らず
家族や友達グループなど
プライベートな場所でも
感じている人は多いようです。

奈良県で
オンライン・カウンセリングをする
心理セラピストのADOです。

クライアントさんや
それ以外の場所でも
こう言う人がいます。

本心では望んでいないのに
周囲がそうだから
仕方なく合わせてしまう。

あなたにも、そういう経験ありませんか?

ここは周りに従っておかないと
同調しなかったら
自分が干されてしまいそうで
不安だからそうしている
そんな人も、いるかもしれません。

でも、
よく考えてみてくださいね。

直接誰かにそうするように
言われましたか?

そうじゃなくて、
自分がそうした方がいいと
思ったのではないでしょうか。

つまり
同調圧力なんてものは
はじめからなくて

ただ、自分がそう思っただけ
なのかもしれません。

では、なぜ
ありもしない同調圧力に
従ってしまうのか・・

それは
自分自身の中に
不安要素を抱えているからです。

不安が多いほど
周りを見て
こうしておいた方が無難と思うことを
選択してしまいます。

周囲からの圧力があったから
というより
自分の不安を解消するために
していることの方が多いのです。

とは言っても
ひとり孤立するのは
やっぱり勇気が要るものです。

自分だけが違うと
自信がなくなって
つい周りになびいてしまう。

そういう時は
誰かひとり
自分のよき理解者をつくりましょう。

たった一人でいいのです。

自分にとって
不利な状況の時は
周りに誰もわかってくれる人がいない
と、思いがちですが

冷静になって見回したら
親しい人の一人や二人は
いるはずなんですよね。

その人を味方にするのです。

自分と波長の合いそうな人を。

波長の合う人は
人気者とか目立つ人ではない
可能性が高いです。

だから
よ~く探してみてください。

運よく見つかったら
その人のことを大切に。

そういう味方ができたら
その他大勢と話が合わなくても
どうでも良くなって

ありもしない同調圧力に
悩まされることも
なくなっていくでしょう。

****
しなやかに生きるお手伝いは
↓  ↓  ↓
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    https://www.ado-toyoda.work
****
ブログは
https://ado-therapy.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。