[記事502] 他にも助けてくれる人はいる

人は変えることができないから
自分が変わろう
とは、よく言われますが

それは
どんな場合にも当てはまるの?と
思ったことはありませんか?

奈良県で
オンライン・カウンセリングをする
心理セラピストのADOです。

自分が変わったら
相手も必ず変わってくれるのか。

これは、
結論から
言うといつもそうとは限りません。

確かに
相手に対する態度や言葉遣いを
優しくしたら

相手の態度も柔らかくなって
ちょっと話しやすくなった
ということは、あります。

自分の心の持ち方が変わると
それが相手にも伝わるからですよね。

ただ、
うまく行かない時も
あると思うのです。

誠意を尽くしたつもりでも
心を開いてもらえなかったり
逆に際限なく要求されたり
・・・

なんとか関係を良くしようと
頑張っても

自分だけが空回りして
事態は良くならないこともあります。

それも仕方のないことで
相手との間に
価値観の違いがあるからなんですね。

それは
残念ながら
愛情や努力で埋めることはできないのです。

国レベルで戦争が起きるのも
利害関係と価値観の違いがあるからで

それと同じように
親子・きょうだい・夫婦間のような
身近な関係でもあるのです。

関係がこじれた時に
親密であるほど

ここは自己犠牲を払ってでも・・と
考えがちですが

「自分と相手」という
小さな枠の中だけに留まるのは
危険です。

枠の中にいると
相手と自分しか見えなくなるので

「この人さえいなければ」と思ったり
そう考えてしまう自分を責めたり

にっちもさっちも行かない状態に
なることも
珍しくないから。

密室で悩んでしまう時の解決法は
一度枠の外に出て
一歩さがって
状況を観察することです。

枠の外には
他にも人がいるんですよね。

誰か相談できる人はいないか
協力できそうな人はいないか
探してみてください。

誰かを巻き込むことで
助けてもらえたり

自分ひとりでは
思いつかなかったことに
気づかせてもらえるかもしれません。

苦しい時こそ
枠の外に出る勇気を
持ってくださいね。

****
ひとりで悩まないで
↓  ↓  ↓
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    https://www.ado-toyoda.work
私の日々の気持ちは
↓  ↓  ↓ 
https://ado-therapy.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。