[記事497] 心配の目で見ていると

大切な人ほど
心配の目で見てしまうことがあります。

「こんなことをしていて大丈夫?」
「もっと、こうしたらいいのに」
・・・

それは
その人を大切に想う
心の表れかもしれないし

もしかすると、
エゴなのかもしれませんね。

奈良県で
オンライン・カウンセリングをする
心理セラピストのADOです。

私が子育てをしていた頃を
振り返っても
そんなことは多々あったし

公文の指導者をしていた時も
お母さんたちの心配は
お子さんのことばかりでした。

当たり前ですよね。
大切なわが子なのだから。

でも、
お母さんたちは意外に気づいていないのです。

問題は
子どもの側だけじゃなくて
自分にもあることを。

あるお母さんは
休み時間にひとり教室で
ノートに数字を書いて遊ぶわが子を
心配していました。

もっと他の子たちと
外で元気に遊んでほしかったからです。

そこで
「自分から声をかけて
仲間に入れてもらいなさい」
と言ったそうです。

ところが
その後も一人遊びは
一向に止むことなく
それを心配したお母さんから
私は相談されました。

一体何を考えているのか

ひょっとして
仲間外れにされているのか
聞いてほしいと頼まれたのです。

そこで個人面談をしました。

その子は
お母さんに言われた通り
私の待つ教室へ
ひとりでやって
一時間ぐらい雑談をしたのです。

話題の中心は
もっぱら、大好きな数字のこと。

休み時間も
算数が得意なその子は
いろいろな計算を自分なりに試しながら
数字の法則を見つけては
楽しんでいたそうです。

最後に
将来は「宇宙飛行士になりたい」と
目をキラキラさせながら
話してくれました。
・・・

この話を聞いて
お母さんはホッとしていました。

それと、私から
「これからは、心配するより
応援してあげてほしい」と伝えたのです。

それからは、
一人遊びもするけど
友達とも遊ぶようになったそうです。

ここでのポイントは

お母さんが
心配する目で見るのをやめたこと。

人と違う行動を取る子に
「何かあるんじゃないか」と
問題視すると

それが子どもにも伝わって
心配した通りの行動を取ることがあります。

信じてもらえない人の前では
それに合った行動を取る
そんなこともあるのです。

これは
子どもだけに限ったことではなくて

夫婦や友人・恋人同士など
大人同士の間でも起こります。

心配の芽が出てきたら
早い目に摘んで
「心配より応援」と
自分に声をかけると良いと思います。

****
心配の芽を摘んで、心を軽くしたい方は
↓  ↓  ↓
🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    https://www.ado-toyoda.work
****
ブログも良かったらどうぞ
↓  ↓  ↓
https://ado-therapy.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。