[記事450] 人から学ぶ

私たちは一人では生きられず
鬱陶しいとか、自分の時間が欲しいと言いながら
人の中で暮らす。

結局、
人は群れで暮らす生きものなんだと思う。

そして、
関わる人からいろんなことを学ぶ。

いつも有難いとは限らないし、
時に迷惑することもあるけど、
そんな中にも学びはある。

その人を通して自分を知るのだ。

一緒にいて
ステージが上がらないような人とは
縁を切ってもいい
という人がいる。

言い換えれば、何の得にもならない人とは
関わりを持たなくていい、ということ。

一緒にいると足を引っ張られて
自分まで下がってしまうからだそうだ。

そう言えば、昔
「朱に交われば赤くなる」と
言われたことがあった。

悪い友達といると、
自分も影響されて悪くなるから
付き合う相手をよく見て、という
戒めが込められていた。

でも、悪いと言われる人ほど、
どこか魅力的だったりするのだ。

一緒にいて何の得にもならない、とは
かなり身勝手な言い方だ。

それなら、
「足を引っ張る人」ならいいのか?

話をすると、
こちらの気分まで下げる人は
確かにいる。

話題がいつも、体調不良や金欠や
人間関係のグチなど
明るい要素がないから。

でも、
そういう人には魅力がない、と
断言できるかと言うと

先入観を持たずに
話を聞けば
案外
意外な発見や感心することが
少しはあったりするものだ。

損得を考えて人付き合いするのは
誰にでもあると思う。

特に今は
人間関係の断捨離が
流行りのようだから。

何処かの成功者が
「こうしたら成功しますよ」と言って
有難いノウハウを高額で提供する時代だ。

それに素直に従って
自分のためになる人とだけ
付き合っていれば
最速で成功すると言われたら、
そうしたいと思う気持ちもわかる。

ただ、私みたいに
素直でも従順でもなく、

時間がたっぷりあって
回り道を厭わない人には
誰かが決めた
人生のテンプレートは必要ない。

ちょっと乱暴な言い方をすれば
自分より弱いと思う人
そういう人にこそ、
学ぶところが大きいと思う。

まず、
こちらの思い通りになってくれない。
期待すれば裏切られる。

自分の忍耐が試される。

関係を切るのは簡単だけど、
なぜそれを急ぐのか。

よく考えたら
自分の心の余裕の無さが
そうさせることに気づく。

それに
別の人から見れば
自分の方が弱い人間になることもある。

人を通して自分を知る。

そうやって、
人からいろんなことを
教わっているのだ。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
        あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。