[記事444] 近くにいてぶつかり合う関係

親しい間柄で
ぶつかってしまう相手は
いませんか?

親子・夫婦・恋人同士・・
お互い気になるが故に

なかなか
衝突を避けられないことも
あるようです。

奈良県からオンライン・カウンセリングをお届けする
ADOです。

例えばここに
お母さんとの関係に
悩んでいる娘さんがいます。

思春期にいじめにあって
引きこもった経験があり、

お母さんに
これ以上心配をかけたくない
思いから

社会人になった今も
従順に過ごしています。

お母さんが
「あなたのため」と言って
何かと口出ししてくる度に

内心では
放っといてほしいと
思うものの

逆らえば
機嫌が悪くなり
感情的になって
強い言葉を
ぶつけられるのがわかるので
渋々従っていると言います。

ただ
そんな関係性に

このままでいいのか
疑問を感じ
悩んでいるわけです。

こんなふうになるのは
親離れ・子離れが
出来ていないからですが

そもそも
いい大人が
物理的にも心理的にも
近い距離をキープすれば

いろいろ
問題は出てくるものです。

それは、もちろん
夫婦や恋人同士も同じで

蜜月時代には
ずーっと傍にいたいと
思うものですが

もしも、ホントに
朝から晩まで
ずっと息のかかる距離にいたら

長く持って
三日で限界がくるでしょう(笑)

つまり
解決法としては
距離を取ってみるのです。

別々に暮らすのもいいし

それができなくても
同じ時間に同じ部屋に
いないようにする

できるだけ
顔を合わせないようにする

それだけで
ずいぶん変わります。

物理的な距離以外にも
心理的な距離を取ることも必要です。

相手は
あなたに対して

批判したり
敵意をむき出しにしたり

ときには
泣き落としにかかることが
あるかもしれません。

ただ、それも
悪意はないんですよね。

それより、むしろ
あなたに対して
期待し過ぎたり
心配し過ぎたりするから

感情表現が
いびつになっているのです。

親しいはずの間柄で
ギクシャクする時は
こういう感情に
翻弄されていないか

もしも、そうなら
気づいた方が
心の距離を取って
冷静になることが大事ですね。

先程の娘さんの話に戻すと
親が子離れできないなら
気づいた子どもの方から
心の距離を取れば

だんだん
親離れしていけるでしょう。

https://ado-therapy.hatenablog.com

久しぶりにブログのURLを貼ってみます。
ここにはない
ちょっとプライベートな内容なので
よかったら、そちらも。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
  あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
  http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

[記事443] 始動