[記事441] 今年の抱負

お正月休みは長いようであっという間。

単身赴任の夫を近鉄奈良駅まで送って行き
今年のお正月も終わった。

帰りの車の中でラジオを聴いていたら、
パーソナリティの1人がJR日帰り乗り放題切符で
旅行した話をしていた。

それも、幼い娘を連れての母娘二人旅。

話によると、3日間で走った距離が、ざっと3000キロ。
一日平均乗車時間が6時間だったらしい。
聞いただけで疲れる。

旅程は、全て大阪発で
1日目がサンダーバードで金沢まで行き、
モニュメントの前で雪遊びをし、駅そばを食べて帰ってくる。
2日目が新幹線で博多へ行き、遊園地で一日遊んで帰ってくる。
3日目もなぜか博多で、この日はアンパンマン・ショーを見てから夜景を見て帰ってくる。

目的地まで行って、その日のうちに帰ってくる旅は
体力のある若い間しか出来ないので、
若い鉄道ファンなら、
やってみる価値があるかもしれない。

まだ小さいのに、そんな強行軍を楽しめるその子もエライね。

その人に言わせると
リフレッシュ効果は抜群らしい。

旅と言えば、私の場合、
家族か友人か、必ず誰かと一緒に行くのがお決まりだ。

誰かと一緒なら、道中会話ができて退屈しないし
何と言っても、共感できる相手がいるのは嬉しいよね。

だから「一人旅」の響きには憧れるけど、
本音を言えば、特にしたいと思ったことはなかった。

それが今になって、一度も経験しないままでいるのが
勿体ないような気がしてきたのだ。

そこで、今年の目標を何にしようか・・と考えた時に
「そうだ。一人旅がいいかも」と思い立った。

そう言えば、偶然にも一昨日の投稿に
「一人旅で見知らぬ土地へ行くと
自分のことを知らない人ばかりなので
人見知りの人でも、恥ずかしがらずに話ができる」
と、書いたことを思い出した。

投稿の内容にウソを書くことはしないが、
よく考えてみたら、旅行の時にはいつも誰かが傍にいた。

人に向けて書いたつもりが、偶然にも自分に対する
アドバイスになっていたとは・・

実は、一人旅をしないもう一つの理由に、
私が面倒くさがりというのもある。

誰かと行けば、誰かが企画してくれるので
それに乗っかって、これまでラクをしてきたことは
否定できない。

いざ「一から十までを自分で」となると、
つい「また今度でいいか」と先送りしたくなるが、
いけない。いけない。

こんなことでは、机上の空論に終わってしまう。

そこで、手っ取り早く実行するなら車の旅はどうだろう。

運転は好きだし、荷物を小さくまとめる必要もないから
私にとってはハードルが低い。

でも、この際だから、普段し慣れないことを。
そうなると、やっぱり電車の旅かな。

本当は、極寒の1月2月は避けたいけど、
それだと間延びしてしまうので、
思い立った時に近場から始めてみることにする。

いつか・・なんて言っていると、そのうちに気が変わって
行けなくなりそうなので。

なにか今年の目標を決めて、それに向けて考えていると
いい感じに脳が刺激される。

「去年と同じ、現状維持」の気楽さもいいけど、
今年は、自分に喝を入れてみようかな。

そういうわけで、
今年の目標は一人旅だ。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
       あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
    お申し込みは下のURLからどうぞ!
    http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。