[記事363] 好きなものはないとダメなのか

[幸せの捉え方] [自己肯定感]

あなたには
時間を忘れるほど
夢中になれるものがありますか?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

そんなものなくても
日々の生活に差し障りなければ
それでいいんじゃない?

自分が本当は何が好きかも
よくわからないし

好きなものなら
たくさんあるけど
ひとつには絞れないし

・・・

当然そんなご意見もあるでしょうね。

そう言うわたしも
ひとつに絞れないので
複数持っています(^^;

好きなものって
その人の選択によって決まるものだから

一番その人らしさが
あらわれる部分でもありますよね🌸

言い換えれば
「好きなものがない」ということは、
その人らしい人生を生きていない
とも言えるのです。

だから
自分らしく暮らしたいなら
積極的に好きなものを
探すことだと思います。

好きなものは
一瞬で見つかるときもありますが

多くの経験をしなければ
見つからない時もあり、

いろいろな経験をしたあとで
あの時の「あれ」がよかったな・・と
ようやく気づくことだってあります。

つまり
好きなものを探すには、
ある程度の時間とお金が必要です。

時間とお金を投資したのに
しっくりくるものに
出会えなかった時は?

そんな時も
好きなものに出会うまでの
通るべき過程だったと
捉えてください。

イヤ、そんなこと言われても・・

無駄な時間とお金の投資は
したくないから
人が勧めるもの

人気のあるものを
自分の好きなものにしたら
どうなるでしょう?

たとえば
巷で人気のスイーツ
あんなに並んでまで
買おうとするんだから
きっと美味しいに違いない!

そう思って手に入れてみたら
案外期待はずれに終わった経験
ありませんか?

こんな場合
自分と人とは味覚が違う
という発見になりますよね。

そう。

みんながいいと言うものが
必ずしも自分にとっていいとは
限らないのです。

実際に試してみないと
本当にそれが自分の好きなものだと
確信することはできません。

好きなものと出会うまでの
プロセスは
「自分探し」の道のりでもあるから

時間とお金の無駄を恐れて
挑戦しなかったら
本当の自分とは出会えないでしょう。

わたしには好きなものがあるのに
どうしてこんなに憂うつなんだろう

・・と思う時は

その好きな気持ちを
一度疑ってみると
いいかもしれません。

もしかすると
「人の好き」を「自分の好き」と
錯覚している可能性もあるからです。

なぜ、
自分の「好き」を
そこまで追求しないといけないのでしょう。

それは
「好き」を追求することで
自尊感情が生まれるからです。

「好き」に没頭する時間は
完全に自分の世界に入っていますから
人の声も周りのことも
気にならなくなります。

その時大切なのは自分なので
好きなことをすればする程
自尊感情は高まっていくんですね。

こうして幸福感が増していきます💚

幸せは
「そうならなきゃ」と思って
なれるものではないし

ポジティブな考え方が
幸せに繋がると
頭ではわかっていても

本当に落ち込んでいる時に
なかなか
そうなれるものでもありません。

それより
自分の好きなものがあって
それに没頭できる時間があれば
たとえ落ち込んでいたとしても

また自尊感情が湧き上がって
自然にがんばる気持ちに
戻っていけるのです。

どんなにささやかであっても
自分が好きだと思える時間を
持つこと。

それには自分を知ること。

ライフワークだと思って
取り組んでみてくださいね💜

☆―――――――――――――――――――☆
6月の体験カウンセリング・セラピー
受付中です。
40分間無料、先着3名様まで
お申し込みは、下のURLから
お願いします^^
https://ssl.form-mailer.jp/fms/55b47c41707799

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です