[記事71] 眠りのスタイル

奈良県天理市から発信しています。
心理セラピストのADOです。

陸上でくらす私たちは、

横になって目を閉じて
眠ることができますが、

水中でくらすイルカやクジラは
一体どうやって眠っていると思います?

片目を閉じて眠っているのです!

つまり、

右目を閉じているときは、
左脳が休み、

左目を閉じているときは
右脳を休ませているのです。

イルカやクジラは、
海洋生物とは言え
哺乳類なので、

呼吸のために
ときどき水面に上がって来なければ
ならないからです。

移動しながら休めるなんて
効率がいいですよね^^

ある意味
眠りの進化系だと思います。

ただし、
両目を閉じて寝る時間も
数分単位ではあるそうです。

動きを止めると
死んでしまう
と言われるマグロは、

眠る時間はわずか5秒だそうです。

海水に含まれる
酸素を取り込むために、

口をあけっぱなしで
絶えず動いていなければ
ならないからです。

寝ている間も
ずっと活動、、、

つくづく人間でよかったな💛
と思います。

「理想の睡眠時間は7時間半」
というのが通説になり、

わたしも
そのぐらい寝なければ
疲れは取れないと
思い込んでいましたが、

案外そうではないのかも
しれません。

動物と一緒にすることはできませんが、

人間も
その人に合った
個性的な寝方があるのかな…と
思うのです。

短時間でも
眠りがぶつ切りでも
寝つきが悪くても

要は
どこかで疲れが取れれば
問題ないということです。

たとえば、、

あまりよく眠れなかった翌日、
仮眠もとらず
一日忙しく活動すれば

その夜は必ず
眠りに落ちます。

そんな風に
眠りのノルマを決めず
自然体でいれば

あなたに合った
眠りのスタイルが
見つかるかもしれませんよ^_–☆

   **********

・人の欠点が目につきイライラしてしまう
・やさしい自分でいたいのに怒ってばかり
・そんな自分をどうしていいかわからない

…と悩むあなたの体も一緒に傷ついています

   「わたしを見つける相談室」

では、あなたのお話をじっくり伺い、
あなたの心に寄り添うカウンセリング・セラピーを
行います。

ひとりで悩まないで^^-☆

「自分を変えたい」と願っているあなたの中にも
宝物はたくさん眠っています。

お話しながら、あなたの宝物を一緒に探すお手伝いをしますね。
健康でイキイキとした毎日を手に入れましょう♪

お問い合わせは下記のメールアドレスまで
どうぞ。

brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です