[記事70] 寝相から見た心理状態

奈良県天理市から発信しています。
心理セラピストのADOです。

寝相からあなたの心理状態がわかります。

寝ているときは無防備なので、

無意識の心の状態が
現れるからです。

例えば、、、

・仰向けで寝る人。。。

 胸やおなかをオープンにしているということで、
 自信のある人、
 自分を取り巻く社会を受け入れている人です。

 子どもの頃、両親に受け入れられて
 育った人に多いです。

・うつ伏せで寝る人。。。

 地面をつかんでいる姿勢ということで、
 物事を把握しておきたい人、
 自分で管理したい人です。

 予期せぬことが起こるのはイヤなので、
 計画性を大切にします。

・横向きになって
 おなかを抱え込むように丸まって寝る人。。。

 見ようによっては、胎児のような格好に
 見えます。
 
 守られたい欲求が強く、
 心をオープンにすることに抵抗感のある人です。

・横向きに軽く足をまげて寝る人。。。

 適度に依存し、適度に自立する
 バランス感覚の取れた人です。
 社会への適応能力もあります。

・ベッドの端など、何かを握って寝る人。。。

 何かにつかまっていたい不安感があります。
 自分が自由になることに抵抗感もあります。

・うつ伏せのまま、お尻を高く持ち上げて寝る人。。。

 子どもに見られる寝相ですが、
 大人でも、ときどき見られます。

 深く寝ることへの抵抗感を表しています。
 まだ遊び足りないとか、
 やり残した仕事が気になっているとか、
 現実世界に心を残した状態です。

・ミイラのように、全身すっぽり毛布やシーツに
 くるまって寝る人。。。

 逃避願望の強い人です。
 自分だけの時間・空間を欲求する状態です。

…他にもありますが、

今日は代表的なところをご紹介してみました。

最後にもうひとつ…

・太ももを開いて寝る人、閉じて寝る人。。。

 開いて寝る人は、
 異性に対してオープンな心で接する人。

 閉じて寝る人は、
 異性に対して防衛反応の出ている人です。
 パートナーに抵抗感を持っているときも
 こんな感じです。

あなたに当てはまる寝相はありましたか?

寝相からわかる心理状態が
参考になれば幸いです^_–☆

     **********

・人の欠点が目につきイライラしてしまう
・やさしい自分でいたいのに怒ってばかり
・そんな自分をどうしていいかわからない

…と悩むあなたの体も一緒に傷ついています

   「わたしを見つける相談室」

では、あなたのお話をじっくり伺い、
あなたの心に寄り添うカウンセリング・セラピーを
行います。

ひとりで悩まないで^^-☆

「自分を変えたい」と願っているあなたの中にも
宝物はたくさん眠っています。

お話しながら、あなたの宝物を一緒に探すお手伝いをしますね。
健康でイキイキとした毎日を手に入れましょう♪

お問い合わせは下記のメールアドレスまで
どうぞ。

brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です