[記事63] 睡眠と食事

昨夜はよく眠れましたか?

寝たはずなんだけど、
なんだかすっきりしないわ~
という人は、

食事の時間に注意してみましょう。

夜遅い時間のラーメン…

これからは忘年会の季節。。
飲んだ後の〆のラーメンは格別ですよね^^

でも、残念ながら
睡眠にとって夜中のラーメンはNGです。

なぜなら、
食べたものは
必ず胃や小腸で消化・吸収された後
肝臓で代謝されます。

このときに
代謝熱が発生されるのですが、

この熱のために
深部体温が下がらず、

ぐっすりと深い眠りにつくことが
できなくなるからです。

ラーメン以外にも
スィーツなどの脂質の多い食べ物についても
同じことが言えます*_*;

食事の時間を一定に保つことも
眠りにとっては重要です。

1日2食の人もいますが、
1食目はブランチでもいいので、
お昼前には必ず食べておいてください。

夕食は代謝に時間がかかることを考慮して
午後9:00までと決めましょう。

1食目を午前中にする理由は、
セロトニンを多く生成させるためです。

セロトニンは、
日中に分泌されるホルモンですが、
夜になるとメラトニンに変化して
眠りを誘います。

セロトニン・メラトニンの材料となるのが
トリプトファンという必須アミノ酸。

トリプトファンが多く含まれる食品としては、

豆乳・納豆・味噌などの大豆製品。
牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品。
ごま・ピーナッツ・卵・バナナ…

などが挙げられます。

トリプトファンの吸収を上げるために
一緒に摂取すると効果的なのが
ビタミンB6。

ビタミンB6を多く含む食品は、
とうがらし・にんにく・米ぬか・小麦胚芽・マグロ赤身
などですが、

食事以外でも腸内細菌によって合成され
供給されています。

要するに
バランスよく食事をしていれば、
必要な栄養素は取れているということですね。

ぐっすりと眠るために必要な条件を
まとめると、、、

・夜遅い時間に脂質の多いものをたべない。
・朝食・夕食の時間を一定に保つ。
・朝日を浴びてバランスのいい食事をとる。

ということでした!

   
**********

・人の欠点が目につきイライラしてしまう
・やさしい自分でいたいのに怒ってばかり
・そんな自分をどうしていいかわからない

…と悩むあなたの体も一緒に傷ついています

   「わたしを見つける相談室」

では、あなたのお話をじっくり伺い、
あなたの心に寄り添うカウンセリング・セラピーを
行います。

ひとりで悩まないで^^-☆

「自分を変えたい」と願っているあなたの中にも
宝物はたくさん眠っています。

お話しながら、あなたの宝物を一緒に探すお手伝いをしますね。
健康でイキイキとした毎日を手に入れましょう♪

お問い合わせは下記のメールアドレスまで
どうぞ。

brownie.ado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です