[記事55] すれ違い

あなたは夫婦仲がいいですか?

「は~い♪」
という人は問題なしですが、

「う~ん」と首をひねった人は
たぶん、あなただけではなかったと思います。

とかく日本人は照れがあるというか
歳を追うにつれて
お互いに素っ気なくなっていくことが
多いようです。

C子さんの悩みも、
やはり夫が素っ気ないし
無関心に見えるということです。

新婚時代はいたわりあって
一緒に笑いあっていたのに、

今では会話も減り
食卓を囲んでいても
ただテレビの音が流れているだけ
と言います。

出勤前に
「今夜は何時に帰るの?」と聞くと

「さあ…なんでそんなこと聞くの?」と返ってくる。

「夕飯の都合もあるから、
 時間教えてほしいんだけど」と聞けば

「忙しいからはっきりしないけど、大体8時ごろかな」と
言って出かけていきました。

ところが、帰ってきたのは10時を回ってから、

「今日は取引先と会食があったから」と
せっかく作った夕飯も食べず
お風呂に入って、さっさと寝てしまったそうです。

本当に素っ気ないですね’_’

この時C子さんは、

自分を否定された気分になったと言います。
どうせ「暇な主婦」と思われているんだ、、、と

このままいくと、
夫婦の仲が冷え込むばかりか
離婚の足音まで聞こえてきそうです*_*

C子さんには2人の子供がいます。

子供のためにも離婚は避けたいし、
昔のように仲良く暮らしたい
というのが本当のところです。

では、いつごろから
夫は素っ気なくなっていったのでしょう。

それはたぶん5年くらい前、
上の子が中学3年の頃だと言います。

C子さんが上の子の受験に気を取れられていた時期と
夫が会社の役職について忙しくなる時期が
重なったのです。

それまでは
C子さんの方から
夫に会社の様子を聞くこともあったのですが、

役職についたのを機に
仕事に口出しするのをやめ、

夫の方も「家庭のことはお前に任せた」
という態度に変わって

だんだん二人の距離が広がっていったそうです。

つまり、5年前が分岐点だったわけです。

それがわかったら、
できるだけ5年前の時点に
気持ちを戻すことが必要です。

問題意識を持っている
C子さんから声をかけて

話し合いの場を持つことが
問題解決の第一歩です。

ひとりで悩まず、
二人がそれぞれの思いを出し合うことから
解決の糸口が見つかるでしょう。

   **********

このように、
心と体に関するセラピストの記事を
日々、更新しております。

この記事があなたのためになれば、
シェアしていただけると幸いです。

あと「いいね」も活力の源ですので、
ポチッと押していただけると嬉しいです。

心や体に関することで何かお悩みがあれば、
いつでも下記のメールアドレスまで
ご連絡ください。

何でもご相談にのります。

brownie.ado@gmail.com

今よりもっと健康に、
もっと自分を好きになるための記事を
これからもどんどん更新していきますので、
楽しみにお待ちください。

あど@心と体の相談室(セラピールーム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

[記事54] 親子の心理