[記事53] 選択肢を減らす

不安は突然やってきます。

私の場合ですと、
尿路結石になって
これまで体験したことのない
痛みに襲われたときがそうでした。

「このまま自分は
どうなってしまうんだろう…」と
非常に心細くなりました。

こんなふうに
不安は、
自力ではどうにも対処できないときに
感じます。

日常でよく感じるのが、
「何かが足りない」
という思い。

足りないものは何なのか…
悩みながら
それを補おうと
無理な頑張りをする。

頑張っても
一日では完結できない日が続くと、
焦りが積もりに積もって
体が悲鳴を上げはじめる。

こうなってくると、、

自分でも
やりたいことと、
やらなきゃいけないことの区別が
つかなくなってしまうんですね…* *;

不安は、
自分の器を超えようと
頑張っているときにも感じます。

これまでにない挑戦をするので
自信を失くしかけるからです。

こんなときは、
思い切って選択肢を減らしましょう!

まずは
不必要と思えるものを
バサバサ切り捨てていきます。

心理学的にみて
人は選択肢が多いほど
悩みも増えてしまうので、

選択肢を減らして
迷う時間を減らすことで
ストレスも減らしてしまおう!
というものです。

シンプルに優先順位をつけて
「今日はこれとこれだけ!」と
決めて行動した方が
ミスが少なく完成度も上がります。

頭の中はできるだけクリアに、
不安が入り込む余地を
作らないようにしておきましょう!

   **********

このように、
心と体に関するセラピストの記事を
日々、更新しております。

この記事があなたのためになれば、
シェアしていただけると幸いです。

あと「いいね」も活力の源ですので、
ポチッと押していただけると嬉しいです。

心や体に関することで何かお悩みがあれば、
いつでも下記のメールアドレスまで
ご連絡ください。

何でもご相談にのります。

brownie.ado@gmail.com

今よりもっと健康に、
もっと自分を好きになるための記事を
これからもどんどん更新していきますので、
楽しみにお待ちください。

あど@心と体の相談室(セラピールーム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

[記事54] 親子の心理