[記事42] アトピーとバウンダリー

今日のアトピーは、呼吸器系についてです。

呼吸器系の人は、深く息を吸うこと、
安定した呼吸をすることが苦手です。

一言でいうと、
肺の働きが弱いのですが、

意識的に
深く息を吸ったり吐いたりするだけでも
呼吸はだんだん安定してきますよ。

心理面から見ると、
自分と人とのバウンダリー(境界線)が
うまく引けていないことが
大きな要因です。

親子関係などの
親しい間柄であっても、
お互いのバウンダリーを
守るのは大切なことで、

ひどく干渉されたりすると、
自分のバウンダリーが守れず、
閉塞感で息苦しくなります。

その状態が続くと、
呼吸が浅くなってしまうのです。

そのうえ、
自分の空間を守りたいがあまり、
「ひきこもり」になってしまう例も見られます。

「これより中へは入ってくるな!」
という意思表示です。

そんな場合、
なぜか、足の踏み場もないほど
散らかってはいませんか?

自分のテリトリーを守りたいのに、
どう守ったらいいのかわからない
状態なんですね。

こんなときは、
時間をかけてでも

要らないものはどっさり捨てて、
広い空間を確保することが必要です。

足の踏み場もないほど
散らかっているのは、

自分の存在を見失っているのと
同じだからです。

大切なのは、
できるだけ人の手は借りないこと。

何が自分にとって必要で
何が要らないのか、

仕分けする行為が
自分らしさを見つめ直すことあり、
人との違いを知ることであり、

「バウンダリーを引く」ことになるからです。

もうひとつ
部屋から飛び出して
日光浴をすると、

太陽のエネルギーが
皮膚と臓器の表面にバリアを作ってくれるので
体質改善になりますよ。

   **********

このように、
心と体に関するセラピストの記事を
日々、更新しております。

この記事があなたのためになれば、
シェアしていただけると幸いです。

あと「いいね」も活力の源ですので、
ポチッと押していただけると嬉しいです。

心や体に関することで何かお悩みがあれば、
いつでも下記のメールアドレスまで
ご連絡ください。

何でもご相談にのります。

brownie.ado@gmail.com

今よりもっと健康に、
もっと自分を好きになるための記事を
これからもどんどん更新していきますので、
楽しみにお待ちください。

あど@心と体の相談室(セラピールーム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です