[記事449] 達成の喜びは一時的

なにか、これからの目標が
見つかった時って
ワクワクしますよね。

まだ達成していなくても
もうそうなれたような気がして
気分も上がります。

奈良県から
オンライン・カウンセリングをお届けする
ADOです。

そういう気持ちって
大切だと思います。

自分にないものを補うために
努力するのだから

なんの目標も持たないで
ただブラブラと時間を過ごすよりは
・・なんて思ったりもします。

それに
目標にたどり着けたら
達成感が得られるし

そんな自分を好きにもなれますから

つねに何かの目標に
向かうのはいいことです。

ただ、
目標達成こそが
幸せにつながると思い込んでいるなら

それはちょっと違います。

この大学に合格しなきゃ、とか
結婚して家庭を持たなきゃ、とか
経済的自由を手に入れなきゃ、とかね。

なぜなら
目標はゴールじゃないから

その時の達成感は一時的なもので
長くは続かないからです。

時間が経てば
泡のように消えていき

あとには
また別の焦燥感が残るだけ。

その焦りをなくすには
また何か別の目標を見つけて
頑張るしかないのです。

もちろん

そうやって
どんどん自己成長を続けることに
興味がある人は
ずっとそれを続けられたら
いいと思います。

でも、そこで

いくつ目標を達成しても
自分が満たされていないことに
気づいたのなら

ちょっと
考え方を変えてみてほしいのです。

本当の幸せは
目標達成じゃなく
てそこに着くまでの過程にあること。

どういうことかと言うと
目標までの計画や、失敗、迷い、
出会い、励まし、計画の練り直し
再び挑戦・・など

過程に費やす瞬間の
一つひとつを味わうことなのです。

いいことばっかりじゃないのは
当たり前。

もしかしたら
その目標は達成できないかもしれない

でも
その瞬間感じていたことは
まぎれもない大切な時間の
積み重ねですよね。

私は旅行が好きで
ちょうど、これに
似ているな・・と思うんですよね。

たとえば

奈良県に住みながら
遠い北海道の新鮮な海鮮が食べたい!と
思ったとして

一瞬でそこに着いて
食べて帰れる便利さよりも
道中初めての景色を見たり
いろんな体験をしながら到着する
時間のかかる旅を
選びたいからです。

その方が、私にとっては
よっぽど楽しいし

旅の中の体験と相まって
格段に美味しく感じられるから。

目標はたくさんあっていいと思います。

でも
達成しないと幸せになれない
じゃなくて

仮に、
途中で引き返したとしても
話のタネになるような
体験をしよう

と、考えた方が
ずっと楽しいし
幸せになっていたりしますよ。

https://ado-therapy.hatenablog.com
ブログは、ここにあるのとは違う
プライベートな話を公開中。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
    あなたに寄り添い
  解決をお手伝いするオンライン・セラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
  http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

[記事448] 小旅行

次の記事

[記事450] 人から学ぶ