[記事35] 俯瞰する臓器

あなたの周りにこんな人はいませんか?

・人の話に割って入る人
・自分の話ばかりする人

実はこういった人は、
腎臓の機能が低下しているかもしれません。

一見関係ないように思えますが
腎臓の機能の低下が進んでいくと、

・扁桃腺が腫れる
・むくみ
・抜け毛
・白髪
・ホルモンバランスのくずれ
(生理痛・月経過多)

…などの症状もあらわれます。

知らず知らずのうちに、
腎機能が低下してどんどん老化していくのは、
怖いですよね。

アンチエイジングから見ても、
どうにか腎機能をアップしたいものです。

では、
どうすれば腎機能がアップするのでしょうか?

これは、
『俯瞰して物事を見るようにする』
ことです。

(*俯瞰とは、物事を少し離れた視点から見ることです。)

なぜ俯瞰して物事を見るようにすることが、
腎機能アップにつながるのか?

それは腎臓の濾過のしくみにあります。

腎臓は、背中側にふたつ左右対称にあり、
東洋医学では「見守りの臓器」と
言われています。

腎臓には、
体のおよそ1/3の血液が運ばれてきます。

そこで、一日に160Lもの血液が
腎小体という場所で濾過されています。

すごい量ですよね!

160Lというと、
2Lのペットボトルで80本分です。

それだけの水分を取っているわけでもないのに
不思議です。
人間の体は。

そして濾過されて
尿となって排泄されるのは
およそ1.6Lと言われています。

つまり、濾過された1%が尿で、
残りの99%は体に再吸収されるのです。

体にとって不都合なものだけを
選び排出し、あとは体に戻す。

「99%のあなたを認めますよ」
という意味です。

どの老廃物を取り除くか
モニタリングすることが、
「見守り」であり、「俯瞰力(ふかんりょく)」です。

ですから、腎臓の働きが弱ってくると、
あなたの俯瞰力も落ちてしまいます。

心理面から腎機能アップを考えるなら、

たとえば、
対立する相手だけを見るのではなく、

周りの状況から見て
どのように振舞えば

あなたも相手も傷つけずに
その場を収められるか…

そうすることで、
対立によるストレスを感じずに済むし、
何より、腎臓もダメージを受けずに済むのです。

今日から、俯瞰力をみがいて
腎臓を元気にしましょう。

   **********

このように、
心と体に関するセラピストの記事を
日々、更新しております。

この記事があなたのためになれば、
シェアしていただけると幸いです。

あと「いいね」も活力の源ですので、
ポチッと押していただけると嬉しいです。

心や体に関することで何かお悩みがあれば、
いつでも下記のメールアドレスまで
ご連絡ください。

何でもご相談にのります。

brownie.ado@gmail.com

今よりもっと健康に、
もっと自分を好きになるための記事を
これからもどんどん更新していきますので、
楽しみにお待ちください。

あど@心と体が健康になるセラピスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

[記事36] 移動する臓器