[記事431] セラピー中にまさかの乱入

今日セラピー中に起こった
まさかのハプニングです。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

わたしは
自宅2階のパソコン室
(パソコンと本棚だけがある
3畳ほどの部屋をそう呼んでいます)

に、こもって
オンライン・セラピー中でした。

クライアントさんと二人
画面を通して
向こうとこちら
全くのプライベート空間で
だんだん話に熱を帯びてきた頃

突然
玄関チャイムが鳴ったのです。

宅配便なら
申し訳ないけど
居留守をして
後から再配達を
お願いすればいい
そう思ったのですが

そのチャイムは
諦める気配がなく
しつこく鳴らされるのです。

悩みました。

もう少しこの音に耐えて
諦めてくれるのを待つか

クライアントさんに謝って
玄関まで猛ダッシュ
一気に用を済ませてくるべきか・・

わたしは
もうしばらく無視したら
さすがに諦めて
帰ってくれると思ったのです。

ところが
それが甘かった!

うっかり
カギを開けっぱなしにしていた
(これも不注意ですが)

玄関のドアを勢いよく開け
95歳の姑が
杖をガンガン鳴らしながら
家に乱入してきたのです!

「アドさん、居はるんか~」
(奈良の方言で「居ますか」)と
叫びながら(苦笑)

さすがに
ここまできたら
居留守は無理です。

観念して
クライアントさんにお詫びをしてから
階下にいるお姑さんのところへ
飛んでいきました。

「ごめん!おかあさん。
今、仕事中だから、また後で話聞くわ~」

耳が遠いので
一度で理解できるはずもなく
大声で何度もそう言って
なんとかその場は
引き取ってもらいました。

もちろん
画面の向こうのクライアントさんにも
まる聴こえだったようで・・

セラピー中に
お恥ずかしいところを
見せちゃったな・・

そんな思いで戻ってみると
「うちにもお舅さんがいるから
わかります~。
こういうこと、ありますよね」と
言ってくれたんですよね。

励ます立場のわたしが
逆に励まされて
恥ずかしいやら
嬉しいやら・・

それに
「アドさんの
こんな生活感のあるところが見れて
返って親近感が湧きました!」
と、まで言って
満面の笑みを見せてくれたのです。

このことで
さっきまでの
羞恥心はどこへやら

一変して
お姑さんにお礼を言いたいぐらい

わたしの気分が
盛り上がったのは
言うまでもありません。

そんなわけで
マイペースなお姑さんに助けられ
和やかなセラピーとなり
\感謝の一日でした (笑)/

****
あと2名様
心のモヤモヤ晴らしたかったら
今なら無料で40分の
12月オンライン・セラピー
お申し込みは下のURLから
   ↓  ↓  ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/55b47c41707799

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。