[記事403] あまり原因探しをしないこと

何かつらいことがあると
どうして
こうなってしまったのか
原因を考えますよね。

原因が見つかって
それを取り除けたときは
スッキリしますが

取り除けなかったときは
どうでしょう?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

原因は
過去に起きたことなので

いくら今
そのことを考えても
どうにもならないものなのです。

それにしても
このまま我慢するのもイヤだし、

こうなった原因が
自分以外にあるのなら

どうにかそれを見つけて出して
取り除きたい
そう思います。

原因は、きっと
「あの人が、わたしに△△だったから」
「あのとき、〇〇してくれていたら
こんな気持ちにならずに済んだのに」
・・・

という
誰かによってもたらされた不快感。

この状態に陥りやすいときの心理は・・

==============
人のことを気にしすぎて
自分を優先できない。
==============

内心では気が進まないし
断りたいと思っているのに
相手にどう思われるか
気になってしまい
「No」と言えないとき。

==============
人に対して批判的になるとき。
==============

自分はちゃんとしているのに
ちゃんと出来ない人や
迷惑をかけてくる人を見ると
モヤモヤする。

自分は正しいけど
相手は間違ってる

そんなふうに
批判したくなるとき。

*****

たとえば
それを直接相手にぶつけたとして
変わってくれるでしょうか?

納得してくれたらいいけど

もしも、あなたが
「間違ってるから、○○してほしい」
と言われる立場だったら
素直に相手のために変わろうと
思いますか?

人に言われて変わるのって
本当にむずかしいんですよね。

それなら
不満を感じている人の
受け止め方を変えた方が
理にかなっていると思うのです。

自分自身が変わる ということ。

むずかしそうに
聞こえるかもしれないけど

段階踏んで続けていけば
少しずつ
変わる手ごたえが感じられるし
気持ちはずいぶんラクになりますよ。


このときの注意は
あくまで
自分が変わるためのワークだから
他人への不満は入れないこと。

例として・・

〈〈 ステップ1 〉〉

現状の自分の不満な点を書く。

○○さんから言われたことが気になって
夜もよく眠れないし
気がついたら、そのことばかり考えている
自分を変えたい。

〈〈 ステップ2 〉〉

それに代わって、どんな自分になりたいか。

○○さんに言われたことを気にしない。
または、すぐに忘れられる。

夜はよく眠れる

気がついたら、
○○さんから言われたことを忘れて
もっと楽しい何かについて考えている。

〈〈 ステップ3 〉〉

どうしてそうなれるのか。

○○さんは○○さんで
わたしはわたし。

わたしが○○さんの人生に
影響を与えられないように
○○さんもわたしの人生に
影響を与えることは出来ないから。

*****

以上のように

現状の不満 → なりたい自分 → そうなる理由
の順で書き出していきます。

「そうなる理由」のところは
納得して行動する部分なので
特に大事です。

「これ」という正解はありませんから
自分がしっくりくる理由を考えて
書いてみてください。

成功のポイントは
自分を大切に考えて
なりたい自分を決める。

そして
続けることです。

一旦書き出したら
毎日それを眺めて
または
声に出して読んでみてください。

その考え方と行動が
自分のものになったとき
今の悩みがウソのように
消えていることでしょう。

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
    あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です