[記事401] 不安な気持ちを軽くするには

同じことが起きても
不安になる時と
そうでない時がありませんか?

不安になるかどうかは
その時のコンディションで決まるんですね。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

疲れが溜まっていたり
睡眠不足が続いたりすると

ものごとを
悪い方へ悪い方へ
考えてしまいがちです。

だから
なんか最近ネガティブだなぁ・・と
思ったら
ゆっくり寝て疲れを取ると
大抵の問題は解決してしまうものです。

ただ、問題なのは
頭の中が考えで一杯になって
うまく寝付けない時や

休もうにも
気持ちがたかぶって
なかなか休まらない時

・・・

悩んでいる時って
大体そんな感じですよね。

人の不安のパターンって
大きく4つに
分けることができるんです。

1つ目が、
特定の状況になると起きる不安。

たとえば
渋滞にはまって
前にも後ろにも進めなかったり
狭いトンネルから
抜け出せなかった時に

このまま、
ここから出られなくなって
死んでしまうかもしれない
想像をしてしまうこと。

2つ目が、
自分は破綻するという不安。

たとえ
ちょっとした失敗でも、
クビになるかもしれない、とか

チャンスは二度と
巡ってこないかもしれない
・・という
最悪のシナリオを考えて
不安になること。

3つ目が
別れの不安。

誰かと仲良くなると
いつか別れがやって来る・・と

漠然とした不安に取りつかれ
ちょっと喧嘩をするたびに
「別れ」の文字が浮かぶ状態。

そして4つ目が
「加齢」に対する不安。

白髪が増えた
目尻にシワが出来た・・などの
加齢サインを見つけると
これから、ますます
若さと美しさを失っていく

それと同時に
自分の価値もなくなっていく
・・という
絶望感に似た気持ち。

わたしは
この中のどれにも当てはまらない
という人は
そのまま、
その状態をキープすればOKです。

でも、
当てはまるものがある

しかも、複数・・という場合には
ひとつ試してほしいワークがあります。

それは
今抱えている不安に対して
「その先どうなるか?」という
質問を繰り返しながら
深堀りしてみること。

たとえば、
会社でミスをしてしまい
上司をひどく怒らせてしまったとします。

その日、
ちょっと悲観的な気分だったあなたは
もう、これで自分は終わった
・・という
どん底の心境に落ちたとします。

そこで
「その先どうなると思う?」という
質問を繰り返していきます。

「左遷されるか、
配置転換されるかもしれない」
そうすると、どうなる?

「大幅に減給されるかもしれないし
もっと、働きづらい環境に
追いやられるかもしれない」

それで、どうなる?

「減給されたら、
家族から強く非難されるかもしれない」

それで、どうなる?

「自分は職場でも家庭でも
孤立するかもしれない」

それで?

「誰からも相手にされず
孤独死するかもしれない」

・・・

ここまで深堀りしてわかったのは
孤独死する不安でした。

どうでしょう?

この不安は現実的でしょうか。

現在の状況からは
かけ離れてしまっている
そう思えますよね。

こんなふうに
今抱えている不安は

起きるかどうかもわからない
最悪の事態を想像して
悩んでいるのです。

ということは

不安を取り除くには
「自分は取り越し苦労をしている」と
受け入れることが大切なのです。

不安を感じたら
まず深堀りして
その正体をつきとめる。

自分でとうにか出来ることなら
対策を考える。

そして
自分ではどうにもならないと
わかった時には

ここが肝心で
潔くあきらめる!

これが出来たら
悩みや不安なんて
泡のように消えてなくなります。

***

9月の無料体験セラピーお申し込みはこちら!
40分間お話しながら
胸の中に詰まったモヤモヤを
スッキリさせてみませんか。

あと2名様で締め切らせて頂きます!

ご希望の方は
下のURLからお申し込みくださいね

https://ssl.form-mailer.jp/fms/55b47c41707799

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
     あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
  http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です