[記事397] 羞恥心との付き合い方

シャイな性格は
控えめな感じで
愛されキャラの一つではありますが、

極度な恥ずかしさとなると
恐怖に近い感覚に変わります。

ここまで来ると
のんきに「愛されキャラ」とも
言っていられないのです。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

ある日突然
羞恥心が芽生えたために
それまで普通に出来ていたことが
急に出来なくなることがあります。

「人の目なんか気にしていたら
投稿や露出なんて出来ない」と言いながら、
SNS上のコメントや評価が
気になり出して

作業が進まなくなるのも
これに通じるものがありますよね。

羞恥心は
人間にしかない独特な感情で
なかなか自分では
コントロールしにくいものです。

そして
その原因には
3つの思い込みがあると考えられます。

1つ目は、
「自分は注目されている」という思い込み。

たとえば
集合写真の中で
真っ先に見るのは
自分の顔だったりしませんか?

自分がうまく撮れているか
それが一番気になるところですが
他の人も同じで
自分の姿だけを気にしているものです。

つまり、
誰も人の顔に
関心なんて持っていないのに
自分は注目されていると勘違いして
写りを気にしているのです。

2つ目が
「自分は行動面で劣っている」
という思い込み。

完璧主義とまでは行かなくても
なぜか自分に対しては
辛口の点数をつけてしまいがちです。

たとえば
いつもならもっとうまく出来るのに
今日はどういうわけか
調子が悪い・・と思ったとして

大抵の場合
周りはその不調に気づいてはいません。

自分では
今日はうまくいかない・・と思っているのに
周りからすると
「いつもそんなもんでしょ」という
ある意味残念な反応。

でも、これは
自分で自分を評価するより
他人の評価は厳しくない
という解釈もできますよね。

3つ目は
「他人がいつまでもこのことを記憶している」
という思い込み。

「人の噂も七十五日」とはよく言いますが
七十五日なら、まだ長い方で
今はもっと短いスパンで
人の話題は移り変わっています。

悪口を言われた人は
いつまでも忘れられなかったりしますが

言った方は
あっさりそのことを忘れて
また別の対象が見つかると
さっさと
そちらに関心を移すものなのです。

つまり、
あなたのせっかくの良い行いも
しでかしてしまった失敗も
時が経てば
みんな忘れられてしまうのです。

これらの「思い込み」から言えることは
結局、人は
「自分以外の人にそれほど関心がない」
ということ。

それがわかった上で
羞恥心をなくすには
どうすればいいでしょうね。

これまで説明したように
人はあなたに
それほど関心を寄せていないのだから

「どうせ興味ないなら」と
開き直ってみるのが
手っ取り早いと思います。

だって
誰も
あなたの外見の
ちょっとした変化には気づかないし

物事が完璧に出来ても
出来ていなくても
「いつもそんなもんでしょ」としか
思ってもらえないし

凄いことをやってのけても
失敗しても
すぐに忘れられてしまうのが
現実なのですから

他人の目を気にするだけ
無駄じゃないですか。

そこで
かなりお勧めなのが
思い切って
どんどん人前に出ていくこと。

そう。

もう破れかぶれでいいのです。

滅茶苦茶なことを言っているようですが
これも案外
理にかなっているんですよ。

つまり、
一度みんなの前で
自分をさらけ出して
大恥をかいたら

その恥ずかしさに比べたら
それ以下の恥が
「大したことないな」と
思えるようになるからです。

たとえば
人前で話すのが恥ずかしくて苦手なら

思い切って
人前で大声で熱唱する!・・ぐらいの
思い切った行動に出てみると
「人前で話す」なんて
大して恥ずかしいことじゃない、と
思えるようになるわけです。

まあ、荒療治ですが
羞恥心に荒療治は効きます。

要は
「恥をかく」勇気を身につけたら
それが案外怖い事ではない、と
わかるので

自分の枠も広げられて
羞恥心が消えていく
というお話でした。

大丈夫。

恥をかいても
みんなすぐに忘れてしまいますから(笑)

***
9月の無料体験セラピーお申し込みはこちら!
40分間お話しながら
胸の中に詰まったモヤモヤを
スッキリさせてみませんか。

先着5名様まで受付中。

ご希望の方は
下のURLからお申し込みくださいね。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/55b47c41707799

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
     あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です