[記事393] セラピーからの卒業

今日はちょっと嬉しいことがあり、
ここにご報告したいと思いますので、
よかったら、お付き合いください。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

嬉しいことと言うのは
クライアントさんが一人
セラピーから卒業されたことです。

1月にお申し込みがあってから
7か月間サポートさせていただきました。

何より、私を信頼して
心の内を話してもらえるのは
本当に有難いことです。

えっ、なんで?
セラピーなら話すのが当たり前なのでは?

そう思われたかもしれませんが
意外と打ち明けづらいことも
あるんですよ。

こんなことを言ったら
否定されるんじゃないか・・そう考えて
躊躇することもあるでしょう。

ある程度
セラピーの回数を重ねて
私を信頼してもらえないと
問題の核になる部分が
見えてこないこともあるのです。

だからこそ、信頼関係は重要で
それが出来て初めて
その人の中にある

「もっと積極的に生きたい」
「人生を楽しみたい」という思いを
呼び覚ませるのだと思います。

知り合った当初の彼女の悩みは
本人の中でも
なぜか漠然としていて
上手く言語化できないものでした。

細かい悩みが日常的にあって
現状に満足できない
「これ」と言った大きな問題はないけど

自覚としてあるのは
「自分軸」がないので
いつも人に振り回されるということ。

そこで、たまたま
私のブログを読んでいた時に
「自分軸」という言葉が飛び込んできて
「これは私の問題だ」と感じ
セラピーに申し込んでくれたのでした。

さて、
お会いして話していくうちに
気づいたのが

細々とした悩みの元は
全て「不安」から来ていることでした。

まず、
彼女を不安にさせる「何か」があって
そのせいで自分に自信が持てず

家族・職場・恋愛など
さまざまな人間関係につまずいていたのです。

それがわかれば
あとは一緒に不安の元を探し
それを解消していくためのワークを
根気よく続けていくだけです。

ここで大事なのが
本人に少しずつでも良くなっているのを
体感してもらうこと。

前に比べて
「こんなところが良くなってる」と
実感してもらえれば

そこからは
どんどん良くなって行きます。

「前に進めた」という思いが自信となって
後押ししてくれるからです。

あれほど
変化を恐れていた彼女が
今は
自分のやりたいことのために
自分から新しい環境に飛び込もうとしています。

自信なさそうにしていたのが
嘘のように
これからのために必要な情報を集め
行動するのが
楽しくてたまらない様子でした。

十分に独り立ち出来ましたよね。

また
何かにつまずいて
困ったことになるまでは
自分でやれるところまでやってみる、と
笑顔で卒業してくれたのです。

よかった、よかった。

もしかすると、縁あって
どこかでまた彼女のサポートが
出来るかもしれませんが

その時は、きっと
以前のような
不安そうな状態ではない気がします。

彼女は一つ上のステージに
上がって行ったのですから。

私個人としては
クライアントさんの成長を見るのは
この上ない喜びですが
正直に言うと
お会い出来なくなるのは寂しいです。

セラピーでお会いするのを
毎回楽しみにしていたので。

でも
一人送り出したのだから
今度はまた新しい人とお会いし
サポートが出来ることを
楽しみにしたいと思います。

9月に入りましたら
セラピーの無料体験を計画しています。

近々リンクを貼りますので
今悩んでいる方、
何かわからない心のモヤモヤを
すっきりさせたい方
ぜひ、お申し込みくださいね。

 🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
     あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です