[記事375] 仕事を生き甲斐にするには

[幸せの捉え方]

あなたの生き甲斐ってなんですか?

こんな質問をしたら
いろんな答えが返ってくるでしょうね。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

家族であったり、趣味であったり
美味しいものを食べることだったり
お洒落することだったり・・

生き甲斐があるから
仕事で頑張れたり
つらいことも我慢出来たりする、

という話をよく聞きます。

でも、なかには
仕事そのものが生き甲斐
なんて人もいるんですよね。

あ、お恥ずかしながら
わたしもその一人なんですが (笑)

とは言っても
これからわたしがするお話は

効率のいい「お金の稼ぎ方」とは
かけ離れています。

仮想通貨やFXや
ネットワークビジネス
コンテンツ販売・・

といったようなことを
お知りになりたいのなら
ぜひ、その道のプロに聞いてくださいね。

心理セラピストのわたしがお話するのは
どこまでも心理についてなので。

仕事が生き甲斐の人は
公私の区別がなくなる程
仕事のことを考えています。

生活の中心が「仕事」だし
趣味も「仕事」。

それも
誰かに言われたからではなく
自分の意志でやっています。

つまらなそうだな、と思いましたか?

でも、
一度ハマってしまえば
あなたも案外
仕事人間になるかもしれませんよ(笑)

まずは
自分のなりたいものが何なのか
それをはっきり決めるといいです。

「こうなりたい」という
明確な姿があるからこそ
一生懸命に取り組むことができるのだから。

それがないと、
仕事の終了時刻が待ち遠しかったり
この仕事に見合った対価がほしいとグチったり
誰かと自分を比較して落ち込んだり・・

そんなことに時間を使ってしまうので
勿体ないですよね。

自分の「なりたい」を見つけるのに
焦る必要はありません。

間違っても
他の人もやっているから、とか
安定しているから、とか
親が望んでいるから、とか
そんな理由だけで決めないでくださいね。

自分が心から望んでもいないのに
始めても
何かでつまずいたら
きっと、すぐにイヤになってしまうから。

自分の「なりたい」は
人任せにせず
ゆっくり、楽しく悩んで
決めてください。

それから、
あれもこれも、と欲張らず
重要なことだけに集中しましょう。

重要なこととは
どういうことかって?

それは
わたしの仕事を例にお話します。

もしかすると
どの仕事にも共通することかもしれないので。

心理セラピストの仕事のやり方にも
いろいろあって
たくさんの知識を詰め込んで
それを宣伝に使う人がいます。

レイキヒーリングとか
ヒブノセラピーとか
数秘術とか四柱推命とか・・

ありとあらゆるスピリチュアル系の知識と
占いの知識などを組み合わせて
悩みの相談に当たろうとするセラピスト。

もちろん
それもその人の個性なので
全然いいと思います。

要はクライアントさんが満足すれば
それでいいのですから。

ただ、わたしは
メンタルケア心理士なので
そういったスピリチュアルや占いで
どうにかしようとせず

その人の心に真摯に向き合って
その人の心の中にある答えを
発掘するのが全てだと考えています。

そのために
人の心理について深く考え
自分なりの考察を持って相手に接し
相手からのフィードバックを待って
次の手を考える。

心理の知識に常に触れながら
クライアントさんから学ぶ

わたしに「重要なこと」とは
このことで、

もしも、今
巷で注目を集めている
という理由から
スピリチュアルや占いなど
その他諸々の情報に
気を取られているようでは

わたしの専門性はなくなり
悩みの解決からは遠のいていくと
思うのです。

というわけで
これからもシンプルに
心理の世界にどっぷりと浸かりながら
「仕事人間」として生きていきそうな
気がします(^_-)-☆

 🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
     あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です