[記事359] 許せない時どうすればいい?

[人間関係]

あなたは
どんな時に
許せないと感じますか?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

「許せない」という感情は
良くないとはわかっているけど

それでも
そう感じるときはあります。

でもね、
そう感じるのは
必要だから感じるわけです。

どんなとき許せなかったのか
ちょっと思い出してみてください。

たとえば
大勢の人の前で
ひどく叱責を受けた、とか

わが子が
いじめられて帰ってきた、とか

自分の意思を全く無視された・・
とか、ですかね?

自尊心だったり
自分が大切にしているものを
傷つけられたときに
そう感じるんですよね。

つまり

自分らしく
幸せに生きるのを邪魔されたとき
許せない!と感じるのです。

言い換えると、

「許せない」と感じているときは
自分が「大切にしている何か」を
思い出しているとき
でもあるのです。

だから、

その気持ちを全否定しないで
そう感じることは当たり前
と、受け止めてみてください。

人間は進化の過程で
感情を記憶する能力を身につけました。

社会生活の中で
敵・味方の区別がはっきりしないと
生き抜くことが難しかったからです。

そのため
自分に害を与えた相手を忘れない
「許せない」という
「負」の感情を
今も持ち続けているんですね。

ただし、
「許せない!」という気持ちには
デメリットもあります。

そう。

なかなか悔しさが頭から離れず
自分自身が苦しむことです。

自分でも
今考えても仕方がない・・と
わかっているのに

なぜか
そのことばかりを考えてしまう。

それが続くと
どんどん疲れが溜まって
不眠になることもありますからね・・

できるだけ早く
手放してしまった方がいいのです。

では、
どうやったら手放していけるのか

まずは
感謝の気持ちを思い出すこと。

許せない相手に対して・・
ではありませんが、

自分を大切にしてくれる人のことを
思い出し
感謝してみてください。

自分に好意を持ってくれる人は
味方ですから
そちらに意識を持って行くと
許せない感情が薄らぎます。

次に

目標ややりたいことを
持つようにして
こんな人に関わっている時間が
勿体ない!と、

気持ちを切り替える習慣を
つけましょう。

ワクワクすることを考えると
どうでもいいことは
自然に頭から離れていきますから(笑)

そして、最後に
「謙虚になること」を試してみてください。

そう言うと
自信をなくすこと?
と、勘違いされそうですが、

謙虚になるのは
自信や自己肯定感をなくすこととは
全く違います。

自信や自己肯定感はそのまま
ちょっと腰が低め
そして素直に
相手の話に耳を傾けることです。

許せない相手であっても
聞いているフリだけでもいいので。

そうすると
何がいいかと言うと
あなたの味方が増えることです。

偉そうにしているより
謙虚でいる方が
同じ能力でも際立って見えますから

その方が
好感を持たれたり
応援してくれる人が現れるんですね。

味方が増えると
感謝する相手も増えますから
だんだん
許せる気持ちの余裕が生まれるのです。

結局は
いい人間関係を築けた人が
幸せになるようにできているので

謙虚でいるのは
得策だと思います。

誇り高く
肩で風を切って生きるのも
カッコいいと思いますが、

自分を控えめに
肩の力を抜いて
気楽に生きてる方が
楽しく生きられると思います。

そうやって
許せる自分になっていきましょう🎵

☆―――――――――――――――――――☆
6月の体験カウンセリング・セラピー
受付中です。

40分間無料、先着3名様まで

お申し込みは、下のURLから
お願いします^^

あとお2人様で~す。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/55b47c41707799

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です