[記事355] 休むこともお仕事です

[幸せの捉え方]

凄く頑張ってきたのに
何かのきっかけで
突然動けなくなることありませんか?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

子育て中の人なら
朝起きて家事をするのも
子どもに向き合うのも
億劫になるとか

仕事をしている人なら
毎日やっている仕事が
急に無意味に感じられたり、とか

親の介護をしている人なら
なにもかも投げ出して
ここから自由になりたい!・・とか

それまでは普通に動けていたのに
誰かの言葉やなにかのきっかけで

ふいに、やる気を失って
動きたくなくなる経験は
誰にもありますよね。

頑張っていればいる程
その反動が強く現れたりするのです。

この状態に陥りやすい人の
特徴は「誠実」ということ。

なぜなら誠実な人に限って
自分のことを忘れ周りの人を大切にしようとするから。

子育てでも仕事でも
親の介護でも自分のことは忘れて

まずは周りが上手くいくように
そればかりに気を取られて
行動していませんか?

そういう誠実な人は
いつも自分のことは置いてきぼりなので
心の中に自分がいないのです。

周りを満たすことに精いっぱいで
自分の心の中は空っぽ。
ガス欠だから動けなくなるのです。

また動き出そうと思ったら
エネルギーを充電しないといけないのです(^^;

「どうしてもやる気が出ない時
 やるべきことは何ですか?」

と質問を受けることがありますが
そんなときにやるべきことは
「なにもしないこと」です。

やる気が出ない時は心が
「なにもしたくない」
と言っているのだから。

そんなときは
なにもかも停止して
気が済むまで休んでください🌷

長い間休むことに
勇気がいるかもしれないけど
「休むことも仕事だ」
と捉えてみてください。

中途半端に心を残したまま
休んでも満充電できないままで
また、すぐに動けなくなってしまう
かもしれません。

長い目で見たら
ゆっくり休んだ方が
みんなのためだったりします💚

ですから周りの力も借りて
頼めることは頼んで
自分は寝ているのがイヤになる程、
寝てみるとか飽きる程、
やりたいことをやってみるとか

そうしていたら
寝ているのもイヤになって
やりたいことにも飽きて
自然に元の自分に戻れます。

そうして自分もみんなも幸せになれます🌸

急に電池切れを起こしたように
動けなくなった時には
ぜひ思い出してみてくださいね💜

今日のブログでは
「こぼれ話」を掲載しています。

長年お付き合いのある人に
登場してもらい語ってもらいました。

本人には内緒(^^;
のここだけの話です✨

よかったらそちらも読んでみてくださいね💖

https://ado-therapy.hatenablog.com
#誠実さとやる気の関係
#自分を満たして
#勇気をもって休む
#長い目で見ていい方法
#心理#心理セラピスト

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
  あなたに寄り添い  
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work
https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です