[記事343] 本気で人を好きになるメリット

[幸福の捉え方]

わたしって
つくづく恋愛ネタが好きですよね(笑)

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

好きな理由は明確にありまして

それは
比較的軽く扱えるからです(^^;

ごめんなさいm(__)m
「軽い」なんて言って‥💧

なにと比較して軽いかと言うと
「親子関係」です。

親子って
親の立場と子の立場
それぞれの言い分があると思うのです。

セラピーで扱っていても
子どもの立場からの話を
聞いているとき
その人の気持ちは十分に理解できるけど

そこにいない
親御さんの気持ちも
よくわかったりするんですね。

親と言えど
完璧な人はいないから

そのとき
まだ若かった親御さんは
自分としては
精いっぱい子どものためを思った
言動だったんだろうな・・と。

ただ
その言動が
どれだけ子どもを傷つけていたのか
気づくことができなかったし、

傷ついた子どもに
寄り添うこともできなかった
そういうことだと思うのです。

なにしろ
いくらイヤだと思っても
親子の縁は
死ぬまで続くものだし

大人の男女のように
相性が合わないから
お別れしましょう☀
というわけにはいきません。

愛情が深い分
問題の根が深いこともあるのです。

でも、
親子も人間関係の縮図ですから
そのうち、ここでも
扱っていこうと思っています。

いつ・・と、までは
お約束できませんが(^-^;

ということで
今日は「人を本気で好きになること」
についてお話したいと思います。

人は、なぜか
愛するより
愛されることを望むようですが

実は
「愛すること」にこそ
大きなメリットがあるんですね。

愛すると
脳下垂体にある
幸福ホルモンが分泌され
いろいろといい影響が出るからです。

人を本気で好きになれない人は
どうしてそうなるのか

それも
脳のしくみによって
決まるんですね。

でも
それもトレーニング次第で
改善されます。


では、まず
どうして人を本気で愛せないのか
について

それは
大脳の「DLPFC」と呼ばれる部分が
特に発達していることが
考えられます。

そう聞くと
悪いことのように
思われそうですが、

実は
DLPFCとは、
脳の「司令塔」に当たる部分で

ここが発達すると
判断力や意欲がアップし
目標達成がしやすくなるうえに

うつ病」の予防にもなるので
研究が進められている部分なんですね。

ただ
同時に

とっても理性が働くので
恋愛に対するブレーキにも
なってしまうわけです。

「この人いいなぁ・・」と思っても
次の一歩が踏み出せないのは
理性が邪魔をするから。

そんな時は
「お酒の力を借りる」というのも
ひとつの手ではありますね✋

お酒がどうしてもダメなら
わざと睡眠不足になって
頭をボーっとさせるとかね。

理性をちょっと麻痺させる
という意味では役に立ちます。

イヤですかね・・やっぱり(^^;

それなら
レーニングをしましょう♪

「愛情力」を高めるには
「愛着形成」を促すことです。

愛着形成は
赤ちゃんを抱っこしたり
ペットを撫でたり
好きな人の傍にいたり
スキンシップをすること・・等で
ホッとした気分になり

脳から
オキシトシンが出ることによって
形成されます。

それが出来れば苦労はない⚡

なかなか
そんな状況がつくれないから困っている
という人は

感動的な映画やドラマを観て
たくさん感動してください。

エモーショナルになることで
愛情力は鍛えられます。

そして
人に親切にしてください。

人の喜ぶ表情を見て
満足感が得られ
オキシトシンが出るのと同時に
「人を愛する」ってこういうことだな・・

という本番に役立つ
レーニングにもなるからです。

他者を思えば思うほど
オキシトシン
β―エンドルフィンが出て

幸福感だけでなく
記憶力が向上したり
免疫力がアップすることも
わかっています✨✨

\これは、やらない手はないですね/

ということで
愛情力をどんどん鍛えていきましょう💚

🔶ホームページ「わたしを見つける相談室」🔶
     あなたに寄り添い
  解決を見つけるセラピーです。
  お申し込みは下のURLからどうぞ!
 http://www.ado-toyoda.work

https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です