[記事326] 小さなネガティブを手放す方法

[モヤモヤの解消法]

今日は調子いいなぁ、とか
良くないなぁ、とか
あなたはどんなところで判断していますか?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

人によって
いろいろだと思いますが

わたしはテニスをするので
それでその日の調子を図ることがあります。

テニスの調子がいい時は
全体的に物事がうまく運ぶ・・なんて。

もちろん
これだけで単純に判断するのは
ムリがあると思いますが
でも意外とこれが当たるのです(^^;

家にいて
なんか手持ち無沙汰だなぁ・・という時に
ボール1個とラケットを手に
ひとり壁打ちするときがあって

というと
まるで子どもみたいで
お恥ずかしいのですが(笑)

とにかくこれが
その日の調子をズバリ言い当ててくれます。

壁は正直ですから
こちらが打った通りに返球してきます。

強く打てば
それだけ速くボールが返ってくるし
入射角に対する反射角も
決まっているので
右に逸れれば
左寄りのボールが返ってくることになります。

ということは
それを頭に入れておけば
コントロールも難しくないはずですよね。

それなのに・・
なぜか日によって
調子よく続けられる時と
右に左にボールが逸れて
続かない時があるのです。

特にうちの場合は
壁の一部にガラスがはまっているのと
その前には小さな花壇があるので
ほぼ一定のスポットをねらって打たないと
どちらかを壊してしまうので
注意が必要です(>_<)💧

そんなわけで
その日はコントロールがいいのか

つまり
集中力や落ち着きがあるのかどうか
壁打ちすれば
すぐにわかるということです。

今日はちょっと集中力がないな・・という時は
それを頭の隅に入れておいて

いつもより
ちょっと慎重に行動すればいい
そんなふうに使えるので
便利です(^^💚

あなたも
なにかの調子を見て
注意が必要だな、と感じる
センサーを持っておくと便利ですよ(^_-)-☆

ということで・・

「小さなネガティブを捨てる」
お話の続きでしたね。

今日はどうやって捨てていくのか
その方法について
お話していきます。


方法には2つあります。

1つ目は健康に気をつける。
2つ目がリフレーミングする。

1つ目の「健康に気をつける」は
特に睡眠をしっかり取ることが大事です。

寝不足になると
判断力が鈍るし

どうしてもネガティブに捉えてしまう
傾向が強くますから
睡眠をたっぷり取って
メンタルも健康な状態にしておくと

ちょっとぐらい
ネガティブなことが起きても
忘れられるということです。

2つ目のリフレーミング
状況を分解して再構築するということ。

言い換えると
ネガティブの捉え方を
ポジティブに変えることを言います。

なにかイヤなことが起きても
それを自分にとって都合よく
解釈を変えてしまうのです。

むずかしいですか?

確かに
時と場合によっては

イヤだと思う感情で
頭が一杯になってしまうことも
ありますよね。

そんなときは
それがどうしてイヤなのか
細かく分解して
その理由を考えてみましょう。

たとえば
「誰かに悪口を言われた」
ということが起きたとします。

そこで

・なぜ悪口を言われてイライラするのか
・そのことで、どんなデメリットがあるのか
・そもそも、それは悪口なのか・・・

というように
事実を分解していきます。

それから
自分なりに再構築していきます。

・相手は自分の存在を認めているから
 悪口を言うのだ。

・関心のない人のことを話題にする人は
 いないから。

・悪口を言われるのは一人前の証拠だ

・これは自分にとって、
    いいメンタルトレーニングになっている。

というように

自分にとって都合のいい解釈に
変えてしまうのです。

でもね、
自分勝手なように見えるこの解釈も
案外「真髄」を捉えていたりするものですよ(^^;

すぐに手放せるネガティブなら
ここまでする必要はないですが

イヤな感情がずっと頭から離れず
邪魔をする場合に
この方法は有効です💡

ただし
ノートとペン、またはワープロなどに
書き出してくださいね。

頭の中だけで考えようとすると
同じことがグルグル回るだけで

整理できるどころか
マイナスのループにはまって
出られなくなりますから
くれぐれもご注意を!

ということで

ネガティブを手放したかったら
フレーミング
試してみてくださいね💜

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
 http://www.ado-toyoda.work

https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です