[記事323] オキシトシン的幸福になる方法

[幸福の捉え方]

桜が満開🌸で気持ちいいけど
黄砂を含んだ風が強くて

しばらく外にいたら
頬がガサガサするのが気になります(*_*;

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

そんな季節ではありますが
奈良県の南の端
十津川村にある
「玉置神社」へ行ってきました。

わたしはお恥ずかしながら
つい最近まで
玉置神社の存在を
知らなかったのですが


ユネスコ世界文化遺産にも登録されている
由緒正しき神社です。

人里離れた玉置山の
山頂付近にあるので
知る人ぞ知る霊場になっているようです。

f:id:ado-therapy:20210402173110j:plain


エミさんが
「呼ばれた人しかいけない場所だよ」
なんて
神秘的な言葉で誘うので
思わず二つ返事で
誘いに乗ってしまいました(笑)

そして
わたしたちは
ちゃんと呼ばれていたようで
\めでたく到着することができました/

それにしても遠かった・・
わたしがハンドルを握り
クルマで走ること3時間。

片道120キロですが
そのほとんどが高速なしの
ウネウネ続く山道ばかりで・🚙・・

長い道のりを
しゃべる、しゃべる・・
気がついたら到着していました(笑)

そんなこんなで
辿り着いた先は
ぐるっと周囲を杉の巨木に囲まれた中に
ひっそりと佇む
とっても神秘的な場所でした。

マスクを取って
森林浴して歩きたかったけれど
黄砂がひどくて外せなかったのが
ちょっと残念(>_<)

樹齢3000年を超える大樹や
幹の根元が二股に別れ
そのまま育った夫婦杉など

何を見ても
神がかった印象を受けました。

ちょっと足を延ばせば
山頂にある鐘を突くこともできます。

ただし
歩きやすい靴で来ることを
おススメします。

歩きなれないエミさんは
かなり顎が上がってたからね~(笑)

ということで
本日の話題に・・

今日はオキシトシンの分泌を促して
幸福感を得る方法について
お話します。

オキシトシンって

人とのつながりを感じた時に
分泌される幸せホルモンでしたよね。

具体的にどうすればいいのか
というと・・


一番手っ取り早いのが
スキンシップです。

ハグする。
なでる。
さする。

肩を揉む・・そんな行為から
スキンシップをした方も

された方にも
オキシトシンが分泌されます。

わたしはスキンシップなんて
朝めし前だけど
相手がちょっと恥ずかしがるので
なかなかできない・・
という場合もあるかと思います。

そんなときは
アイコンタクトしながら
おしゃべりしても
同等の効果が得られるので
ご安心を!

要は心が通じ合ってると
お互いが感じられればいいので・・

親切にしてあげるのも効果的です。

親切にした方も
された方も
心にぬくもりを感じて
オキシトシンは分泌されます。

それと
できるなら
仕事からはリタイアしない方がいいですね。

仕事を辞めて
人とのつながりを失くしてしまった人は
急激に記憶力と運動量が低下し
老化が進むことがわかっているからです。

研究によると
リタイアした人は
しなかった人に比べ
年間25%の早さで
記憶力が低下すると言われています。

とは言っても
リタイア後も
記憶力や運動量が低下しない人もいて

そんな人は
趣味ややるべきことを
ちゃんと持っているので
仕事を辞めても
気持ちのハリを失わずにいられるのです。

どこにいても
何をしていても
孤立せず誰かとつながり
誰かの役に立つことを
意識して生きる・・ということが

オキシトシンの分泌を促して
幸福感を感じながら
若々しくいられる
ということでした💚

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
 http://www.ado-toyoda.work

https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です