[記事316] ネガティブを最小限に

[モヤモヤの解消法]

ネガティブな思考が
頭の中をグルグルしてしまうとき
あなたはどうしていますか?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

誰かの言動で
その時はあまり気にせず
やり過ごせたのに

後になって
だんだん
気になってきて

良くない考えばかりが
湧いてくる

その考えを閉めだそうと
すればするほど

どんどん
大きくなってしまうのが
ネガティブ思考(*_*;

一番そうなりやすいのが
睡眠不足のときだと
言われています。

脳は
わたしたちが寝ている間に
昼間受け取った情報の
処理をしています。

寝不足になると
その時間が不足するので
目が覚めてからも
情報は未消化なまま。

そのため
考えがまとまらなかったり
イライラしたり
ケアレスミスが増えたりして

考えがネガティブな方向へと
傾いていくのです ><💦

ですから
睡眠時間を確保することは
とっても大事⭐

とは言っても、
寝たくても
 昼間のその出来事が思い出されて
なかなか寝つけないし

寝たとしても
途中なんども目が覚める
という人は

まず
そのイヤな出来事を
なんとかしないと

ネガティブ思考から抜け出すことは
むずかしいですよね・・

では
そんなとき
どう対処すればいいか

その方法について
お話したいと思います。


「マインドフルネス」という言葉を
聞いたことがありますか?

心の状態を整え充実させる
という意味ですね。

そのやり方のひとつに
「瞑想」があります。

瞑想とは
リラックスした状態で
自分の呼吸に意識を向け

過去や未来のことを忘れて
「今ここ」に集中する

自分が今感じていることを
否定するのではなく
客観視しながら手放すことを
目的としています。

瞑想によって
ネガティブな思考を
なくしていけるので
今注目されていますね(^^

朝や寝る前に
たとえ5分か10分でも
時間をとって
瞑想する習慣を持つと
心がだんだん落ち着いてきます💡

他にも
「エクスプレッシブ・ライティング」という
方法があります。

これは
わたしもこれまでに
何度かお伝えしてきた
感情を書き出すやり方です。

ノートかスマホのメモ帳に
イヤだと思ったことを
包み隠さず
どんどん書き出していきます。

誰かに見せるためではなく
あくまで自分だけのものなので
汚い言葉であっても
なんでも
思い浮かんだことを
そのまま書くのがポイント⭐

目的は
ネガティブを吐き出して
スッキリするのと
自分の感情を客観視することで
解決策を思いつきやすくするためです。

ただし、
時間は20分以内と決めましょう。

それ以上の時間
ネガティブと向き合っていても
逆効果になるので

時間の制限をもうけて
向き合うことを
おススメします。

時間を決めるという点で言うと
仕事中のように
今はネガティブに向き合っていられない
という時だってありますよね(^^;

そんなときは
今は考えるのをやめておくけど
「家に帰ってホッとしてから」とか
「休憩時間になってから」
というように

ネガティブに向き合う時間を
後回しにするといいです。

こうしておくと
「後で考えてもいい」と
許可を与えることになるので

脳が安心して
今やるべきことに
集中できるからです。

また
イヤなこと
心配なことを
今は考えず
先延ばしにしてみると

時間の経過とともに
ショックだった気持ちが
少し薄らいでくる
という効果も期待できます。

今日ご紹介した3つのうち
2つ以上を習慣化すると
心がずいぶん安定してきますよ💡

ぜひ、お試しを💚

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
 http://www.ado-toyoda.work

https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です