[記事302] 悩みと散らかりの関係

[自己肯定感]

あなたはお部屋の整理は得意ですか?
わたしは結構キレイ好きです。

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADO です。

整理整頓が得意なのと
キレイ好きとは
少し違うんですよね。

というのも

わたしは
ほこりのない状態にしておくのは
得意だけど

どこに何があるか把握するのは
苦手だからです(^^💧

掃除しやすくするために
今使わないものを
とりあえず
戸棚や引き出しに入れるクセがあったのですが

それが良くないことに
最近気づきました(^^;

あとから
どこにしまったのか
わからなくなったり

「ない」と思い買って帰ったら
同じものが3つも出てきたり・・

そんなことを
ちょいちょい繰り返していたからです。

家の中はピカピカだけど
整理するのは苦手・・
そんな矛盾した状態が続いていました。

部屋の状態は
そのまま頭の中の状態を
あらわしているそうで

とっ散らかった部屋に
住んでいる人の頭の中は
とっ散らかっていると言われます。

そして悩みやすいのだとか・・

部屋の散らかりは
頭の中の雑念と比例するので
思考がまとまりにくく
些細なことに気を取られて悩む・・

なるほど~💡 と思うのはZ
ぐちゃぐちゃになった引き出しの中身を
一度全部出して

要らなくなった物を処分して
持ち物を減らしたら
探すストレスがなくなると同時に
\頭の中もスッキリしたからです/

ですから

持ち物を減らすこと
おススメです(^^♪

それ以外にも
悩みやすい体質を変えるための
方法についてZ
お話していきたいと思います。


わたしたちは
無意識のうちに自分と対話しているって
ご存じでしたか?

言葉として明確でなくても
イメージとして
心の声を聞いている感じです。

たとえば
なにか初めてのことにチャレンジするとき

「大丈夫かなぁ」とか
「上手くいかないんじゃないか・・」とか

そんなことを感じているのは
自分の心の奥底にある
「潜在意識」からのメッセージなのです。

「潜在意識」が活性化されるのは
無意識のときで

人から言われたマイナスな言葉や
イヤな出来事を
「潜在意識」が覚えていると

無意識で無防備なときに
語りかけてくるのです。

「あなたには才能がないから」とか
「知識が足りないから」とか
「世間知らずだから」とか

または

「気持ちが弱いから」とか・・
どこかで人に言われたこと

それも
根拠があるかどうかさえ
わからないことを
ときどき
引っ張り出してくるのです。

恐ろしいことに

何度も繰り返し聞いていると
「自分はそうなんだ」と
洗脳されてしまいますから

いつの間にか
そんな人になり
自信もなくしてしまうのです。

でもね、

よく考えてみると
それをしているのは
他でもない、自分なんですよね。

そう。

敵は自分の中にいたのです(*_*;
ということは

意識的に「プラスの洗脳」をしていけば
良いってことです💡

それには、まず
マイナスなことを言う人とは
距離をおくのが一番です。

それが難しいなら
マイナスを打ち消すような
元気の出る言葉を
自分から言って聞かせることです。

「頑張っていれば
いつかできるようになるから大丈夫」とか

「気持ちが弱そうに見えて
実は芯が強いから大丈夫」とか・・

その状況に応じて
自分が言ってほしい暖かいメッセージを

意識的に言い聞かせていると
「潜在意識」は、それが本当だと思って

次からあなたに
プラスのメッセージを
語りかけるようになるのです。

それを繰り返すことで
自信はついていきます。

自信がつくと
悩むことも減っていくし
行動するのが楽しくなる💜
というわけです。

お風呂タイムとか
寝る前とか・・

リラックスして
「潜在意識」が活性化する時間帯に
自分が言ってほしい言葉を
どんどんイメージし
呟いてみてくださいね。

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。

http://www.ado-toyoda.work

https://honmaru-radio.com/aki010005/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です