[記事293] 前向きでないとダメ?

[もやもやの解消法]

ワンちゃんを見ると
また飼ってみたくなります・・

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADO です。

わたしは
8か月前に
16歳の愛犬を亡くしました。

ペットロスは
身の回りで
いろんなことが起きていたせいか

早いうちに
抜け出すことができたようです。

そうは言っても
決して忘れたわけではなく

いまだに
わたしたちの周辺をウロウロ
歩き回っているような
そんな気がしてなりません・・

わたしにとっては
最高の子だったので

もう次のワンちゃんを
飼うことはないだろう・・と
思っていたのですが

お散歩のワンちゃんを見ると
一緒だったときのことを
思い出し
ついまた飼いたくなります。

でも、
飼うなら

目標にしている
大きな旅行が終わってから
と決めているので
まだまだ先になるかな・・

目標にしている旅行とは
二つあって

一つは
アメリカ大陸を車で縦断すること。

もう一つは
北欧へ行って
オーロラを見ること。

この二つが叶ったら
ワンちゃんを迎え入れて

ブラウニーのときのように
旅行するのも
一緒に行ける場所を選んで・・

なんて
そんなことを
考えています^^

楽しそうでしょ?

ということで
これからお話したいのが
「前向きでないとダメ」なのか
についてです。

わたしは
周りの人からは
前向きで元気な人に
見えるそうです(^^;

そのイメージ
大変ありがたいですが

実は
そんなに前向きなわけでも
元気一辺倒でもないのです(笑)

それでも元気に見えるのは

たぶん
自分との向き合い方のコツが
わかっているから
だと思います。

悩みは
\誰にだってありますから/

最後の散歩は自転車の前かごに乗って

さて、
そのコツとは

自分の感情に
ウソをつかないことです。

つまり
悲しかったり、
悔しかったり
辛かったりしたときに

それを
後ろ向きな考えだからと
抑え込まないことです。

よく
些細なことを気にするのは
ネガティブな証拠だ
という人がいますが

ネガティブになることの
どこが
いけないのでしょうか?

まわりがどう思うかは
さておき

今それが心に引っかかっている
ということは

間違いなく
自分にとっては
重要なことなのです。

それを
大したこともないのに
クヨクヨするのはいけない
と決めつけて
ムリに不感症になろうとすると

そのツケは
必ず後になってまわってきます。

はっきりした理由もないのに
気分が晴れない、とか

ちょっとしたことで
傷ついたり
不機嫌になってしまう・・

というような状態が
漫然と続くのです。

人それぞれ
悩むポイントは
違って当然なので
こんなことぐらいで・・
と思う必要はありません。

人からのイメージなんか気にせず
自由に悩んだらいいと思います。

ただ
ずっと
悩んだ状態が続くと
さすがにしんどくなるので

長引かせない工夫は
必要です。

おススメなのは
ノートに思っていることを
全部書き出すことです。

さんざん
自分の負の感情に向き合っていると
だんだん疲れてきて
\どうにでもなれ・・/

という気分に
変わっていくものなのです。

人は忘れる生きものなので
大丈夫(笑)

悩んだときは
感じ切って忘れる

ぜひ
やってみてくださいね(^-^

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
http://www.ado-toyoda.work

魂が喜ぶ魔法の言葉【第5回】心理セラピスト ADOさん

残された時間はできるだけ一緒に
その日見た夕日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です