[記事290] トラウマのせいにしてない?

[自己肯定感]

今年、風邪を引きましたか?

奈良県天理市で心理セラピストをしている
ADOです。

プールで泳いだ後
ロッカールームで隣合わせた
おばさまとの会話の中で・・

そういえば

今年はコロナの影響で
マスクをずっとしてるせいか
風邪引かないわ~・・(笑)

そう仰っていました。

ホントにそうです。

例年この時期は
インフルエンザが
猛威を振るっていますよね。

ところが

今年はインフルエンザの
「イ」の字も聞かないなぁ、と
思ったのです。

去年の今頃は
わたしも教室をしていたので

生徒が順番に
インフルにかかって
学級閉鎖だとかなんだとか
てんやわんやだったのです。

それが今年は
意外にみんな
健康だったりして・・

コロナを予防していたら

風邪もインフルも
予防できるんだって
改めて感じました(^^;

社会的にも大打撃を与えて
諸悪の根源みたいな扱いの
コロナですが

たまには
いいことあるやん(笑)

来年の冬は
もしかすると
コロナもそれほど
こわい病気じゃなくなっている・・
かもしれませんね。

わたしたちが
感染症そのものに
うまく対応できるように
なっているとか、ね。

ということで

本日のテーマは

「トラウマのせいにしてない?」

今日は
トラウマについて
ちょっと
お話してみたいと思います。

「あれがトラウマになってる」とか
「引きずってしまっている」という人は
参考になるかも、です。

トラウマというのは
心的外傷のこと。

つまり
生まれつき持っていたものではなくて

後天的に
肉体的または精神的に
衝撃を受けたことで

長い間
それにとらわれてしまう状態です。

わかりやすく言うと

ショックなことがあって
そこから立ち直れない
ということですね。

虐待を受けた、とか
凄惨な現場に遭遇してしまい

心に傷を受けた
という深刻なケースは
症状を軽くするために
専門医にかかって
治療を受けたほうがいいですね。

でも、現実には
もっと軽いケースでも
「トラウマ」という言葉は
使われています。

たとえば
大失恋した人が
「男性不振に陥ってしまって
それ以来、まともにお付き合いできない」

とか

「妻帯者とか、遊び人とか、
ダメな人ばかり好きになってしまう」
といったケースは

失恋が「トラウマ」になって
恋愛がうまくいかない、と
言えますね。

本人からすると
あの失恋さえなかったら
もっと幸せな恋愛が
できていたはずなのです。

確かに
失恋はショックだし
それでちょっと自信を失くすことは
誰にだってありますよね(^^;💧

でも
そのために
誰とも付き合えない
と言ったり

ダメな人ばかりを
選んでしまう本当の理由は

心の底では
うまくいかなくてもいい、と
思っているからなのです。

わたしには
「トラウマ」があるから
恋愛なんて
どうせうまくいきっこない
そう決めてしまっているから

わざと
うまくいかない相手を
選びます。

うまくいかなくて当然
という言い訳が
欲しいからなのです。

でも
どうして
うまくいかない方がいいと
思ってしまうのでしょうか?

それは、

うまくいかない原因が
自分にあると
認めたくないから
なんですね・・

ちょっとショックですね。

でも、

うまくいかない原因が
自分のどこにあるのか
それを探して
変えていかない限り

たぶん
同じことを
くり返しちゃうかな・・と
思います。

トラウマがある・・

言い訳としては
響きがいいけど
そのせいにしていても

残念ながら
現実は
変わっていかないんですね。

だから
自分自身の明日のために
トラウマは捨ててしまいましょう💜

***
ホームページ「わたしを見つける相談室」
  どんなセラピー?…と思った方は
 下記のURLから覗いてみてくださいね。
http://www.ado-toyoda.work

魂が喜ぶ魔法の言葉【第5回】心理セラピスト ADOさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です