[記事30] 寒秘について

今日は、
便秘のお話の続きで、
寒秘についてお話します。

寒秘とは、
文字通り冷えからくる症状で、
腎臓のはたらきと関係しています。
・寒がりである。
・手足が冷たい。
・お腹がときどき痛む。
いわゆる冷え性の人がかかりやすい
便秘の種類です。

はじめは固形便なのに、
途中で水様便に変わるのも特徴です。

体が冷えると毛細血管が収縮し、
体中で一番細い毛細血管がある
腎臓にも影響が出ます。

腎臓の毛細血管が収縮すると
老廃物がうまく濾過できなくなり、
無理して濾過しようとすると
その分水分が必要になるので、
体は粘液を出します。

それがむくみとなって、
大腸が圧迫され、便秘になるのです。

感情面からみると、
寒秘になる人には、
「いい人」が多いようです。

人の顔色を見てしまうので、
自分のことを後回しにしてしまう人です。

表には出せない不安や恐れを背負い込み、
背中が緊張し、

その結果、
背中側にある腎臓のはたらきが
悪くなってしまうのです。

寒秘を治すには、
背中を温めたり、
親しい人に背中を
さすってもらって
血行を良くするのが一番です。

家族関係でギクシャクしている場合には、
感謝のことばを口にしてみると、
体が温まり、症状も改善されますよ。

brownie.ado@gmail.com
今より健康に、もっと自分を好きになる
カウンセリング・セラピーを実施しています。
お申し込みは、上記のメールアドレスまでお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

[記事29] 便秘の秘密

次の記事

[記事31] 燥秘について