[記事246] マザコンは治らない?

[母子関係]

奈良県天理市から発信しています。

自己肯定感をアップする

心理セラピストのADOです。

今年は

季節の進みが早く感じられますね~(^-^;

毎年この時期

なかなか気温が下がらなくて

衣替えのタイミングを

いつにしようか(^^;と

迷うのですが

今朝の冷え込みで

もう冬物のセーターがほしくなって

まだ11月の初めなのに

洋服の入れ替えをしました。

この冬は

例年より

長くなるかもしれませんね☕

わたしは

秋冬が大好きなので

長く楽しめるのはうれしいですが

寒くなって

コロナがまた

暴れ出すのが心配です(^^;💧

体調管理には気をつけましょうね💚

ということで、

今日は「マザコン」について

触れてみたいと思います。

「マザコン」と聞くと

なぜか男性限定で

よくないイメージがありますよね(^^;

お母さんから自立できていない、とか

自分ひとりでは何も決められない、とか

パートナーよりお母さんを優先する、とか…

でも、

はじめに言っておきますが

男性はみんなお母さんが好きですよ✨

お母さんが好きなのは

幼少期に良好な親子関係を結べていた

証拠なので

いいことです💜

それより

大人になってお母さんを避ける人は

幼少期お母さんとの関係に

問題があったと考えられるので

こちらの方が心配です。

お母さんでなくても

愛情を注いでくれる誰がいれば

それでいいんですけど。

男女に関係なく

幼少期に愛情を感じて育つことは

その後の人間形成に

とっても大切です💚

だからといって、

ザコンがすべていい

というわけではありません (^^;

お母さんといると安心する

大切にしたい

・・・ぐらいなら

誰にでもあることですが

そうでないケースもあって

その場合は

その場合はお母さんとの「相互の問題」になるので

単独で治すことはむずかしいようです

もう少し詳しくお話したいと思います。

問題のあるマザコンのケース

大きくわけて二つあります。

一つ目は

「相互依存」のケース

^^^^^^^^^^^^^^^^

母子ともに依存し合っている状態

のことを言います。

お互いを必要としているので

どちらかが

依存をやめたとしても

もう一方がやめられません。

その人が生まれてから

現在までの年月分

続いた関係ですから

それだけ絆は固く

意識を変えるのはむずかしいでしょう(^^;

二つ目は

「隷属してしまう」ケース

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

どういうことかというと

幼少期の家庭環境で 

お母さんの機嫌が常にわるく

いつも顔色をうかがっていたケースです。

たとえ

お母さんの機嫌の善し悪しが

その子に直接関係なかったとしても

お母さんが怒っているのは

自分のせいだと思ってしまい

機嫌を取ろうとしてきました。

それが大人になっても残っていて

つい

お母さんの顔色を

うかがってしまうのです💧

また

お母さんがDVに遭っていたり

虐げられるのを見て

育ったケースも

隷属パターンにはまります。

かわいそう

なんとかしてあげたい(>_<)

その気持ちが

成長の過程で蓄積していき

「自分がいてあげないと」

思うようになるのです。

どの子も

「お母さんには笑っていてほしい💚」と

願っているので

お母さんの機嫌がわるい

お母さんが悲しそう

という思いは

同時に子どもの心を傷つけます。

そのイメージは刷り込まれて

大人になってからも

頭から離れないのです。

ということは

ザコンになったのは

本人の意思というより

環境がそうさせたことになります。

もっと言えば

お母さんが

ザコンにしてしまった

とも、言えます。

もちろん

お母さんにも

そのとき苦しい事情があったのだから

責めることはできませんが

ひとりで抱え込まないで

まわりの助けを借りていたら

結果は変わっていたはずです。

自分のためにも

わが子のためにも

助けてもらう勇気は

持ちましょうね💜

★〜★〜★〜★〜★〜★

オンライン

カウンセリングルーム

「わたしを見つける相談室」

↓     ↓     ↓

http://www.ado-toyoda.work

公式LINEアカウント

↓        ↓

https://lin.ee/AaZEHsM

 または

 LINE@ID検索

 @373pwwnu

(一言メッセージかスタンプをお願いします^^)マザコン母子関係家庭環境

あど@心理セラピスト (id:ado-therapy) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です